【雨の日どう過ごす?】雨だからって紫外線は油断禁物!めんどくさがり屋さんでも使いやすい日焼け止め5選


5月も後半にさしかかり、最近は東京など首都圏では曇りや雨の日が多いですよね。今年は、梅雨入りが例年よりも早いそうで、どんよりとした天気がこれから続くのかと思うと、ちょっぴり憂鬱な気分になってしまいます…。



そんな梅雨のシーズンに、isutaでは皆さんのタメに少しでもなれるよう、“梅雨にまつわるコンテンツ”を短期連載でお届け。



記念すべき初回は、梅雨の時期から使い始めたい、めんどくさがり屋さんにおすすめの日焼け止めをご紹介します!



曇りや雨だからって紫外線対策に手を抜いてない?





雨や曇りの日が多い梅雨の時期は、太陽が隠れているからと紫外線ケアを怠っていませんか?



実は、梅雨の時期は紫外線量がグンと増える時期なんだとか。天気に関係なく、紫外線量は1年の間で多いシーズンなので、しっかり対策をしていないと気づかないうちに日焼けしてしまった…なんてこともあるそうです。



おうちにいても紫外線は窓ガラスをすり抜けて入ってくるので、お出かけする時以外にも紫外線対策は必要。



だからこそ、今の時期からどこにいても日焼け止めを使った対策をきちんとしておかないと、シミやしわ、たるみなどの原因を引き起こしてしまうんです。



今回は、めんどくさがり屋さんでも使いやすい、日焼け止めを5つご紹介しますよ!



塗り直しはスティックが◎!首の後ろなど手が届きにくいところにも





@cosme_azm / Instagram



日焼け止めは、こまめな塗り直しが何より大事なんだとか。UVカット数が高い日焼け止めを朝に塗っても、数時間後までその効果をキープするのが難しいそう。



でも、塗り直しをするたびに手が汚れるのが嫌だったり、手が届きにくい首の後ろや背中に塗るのが大変だったり…そんなお悩みを解決してくれるのが、スティック状の日焼け止めなんです。



@cosme_azm / Instagram



こちらは、資生堂の「クリア サンケア スティック(税込3080円)」。SPF50+/PA++++の強力な紫外線カット機能を搭載し、強い日差しの下でもしっかり肌を守ってくれます。



透明スティックタイプのプロテクターは、汗や水によって防御膜が強くなるそう。クリアだから白浮きせずに、色がつかないのも嬉しいポイントです。メイクの上から塗っても、崩れにくいんだとか。



テクスチャーはとてもしっとりしていて、肌がキシキシせずにむしろツヤが出るといいます。



これなら、面倒な日焼け止めの塗り直しもノーストレスで出来そうですね。





今年は髪も徹底ケア!オイルだから梅雨でもちゃんとまとまる





「髪も紫外線対策をしないと…」と分かっていても、キシキシするのが嫌で今まで何もしていなかったという方もいるのでは?



そんな皆さんにおすすめなのが、「パンテーン UVカット ヘアオイル税込1280円)」。こちらは、ヘアオイルなのに高い紫外線ブロック効果があるんです。





オイルは、サラサラしていて軽めのテクスチャー。髪につけると、指通りなめらかな髪にしてくれますよ。



梅雨の時期は、湿気で広がる髪をまとめてくれる役割も果たしてくれます。ドライヤー前に塗れば、熱から髪を守ってくれる効果もあり、まさに万能ヘアオイル!



持ち運びにも便利なサイズなので、気になる方はチェックしてみてくださいね。





おうち時間にぴったり!スキンケアしながら紫外線もカット





続いては、おうち時間にぴったりの日焼け止め機能を搭載したオイル美容液をご紹介します。



こちらはSHIRO(シロ)の「タマヌオイルUV(税込1万7600円/エシカル割 税込1万7072円)」。今までの日焼け止めの概念を覆す、植物のちからだけでSPF12 PA+を叶えた日焼け止めオイルです。



オイル美容液だから、通常のスキンケアとして使うことがもちろん可能。化粧水の後に使用し、そのあと乳液やクリーム、メイクをしてOKなんですよ。



スキンケアアイテムだから、石鹸で落とすこともできちゃいます。おうち時間の紫外線対策は、これがベストかも。





テクスチャーは、驚くほどサラサラとしたみずみずしいオイル。



化学的な紫外線吸収剤や紫外線散乱剤は不使用なので、日焼け止めによる乾燥や肌荒れ、つけ心地の悪さなどを一切感じることなく使えるんだとか。



心地良い精油の香りに癒されながら使えそうです。





マスクジミ対策に!日やけによるシミ予防にも





紫外線をカットしてくれるだけでなく、日やけによるシミ予防をしてくれるのがNIVEA(ニベア)の「ニベアUV ディーププロダクト&ケア」シリーズ。



マスクジミという言葉もあるぐらい、マスク生活が続く上でシミ対策はきちんとしておきたいところ。でも、シミ対策のために、スキンケアを何か追加するのは面倒…そんな皆さんには、ぴったりのアイテムなんです!



SPF50+/PA++++の汗や水に強い、ウォータープルーフ。さらに石鹸で落とすこともできちゃいます。





こちらのシリーズには、素肌をきれいにみせる光拡散パウダーが配合されたエッセンスタイプと、全身にたっぷり使えるジェルタイプがありますよ(写真はエッセンスタイプ)。



お値段は、販売場所で異なりますが1000円前後で購入できちゃいます。紫外線によるシミが気になるという方には、ぜひ使ってみて。





サプリメントで内側から紫外線をブロック



@ukastagram_0408 / Instagram



最後にご紹介するのは、サプリメント。体の内側から日焼け対策ができるそうなので、とても楽ちん!



リポカプセル ビタミンC(1箱30包 税込7776円)」は、液状タイプになっています。お水やお茶、ジュースなど、好みのドリンクに入れて飲むのがおすすめですよ。



リポソームというビタミンCが封入された球状のカプセルが入っていて、体内にしっかりビタミンCを届けてくれるんだとか。



ビタミンCは、紫外線を体内に吸収する役割を防いでくれるだけでなく、免疫力を強めてくれる効果もあるそうですよ。



ぜひサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。





梅雨の時期も紫外線対策を忘れずに!



今回ご紹介した、梅雨の時期から使い始めたい日焼け止めはいかがでしたか?



どれも紫外線から守ってくれるだけでなく、使い心地も良いものばかり。



今年は、梅雨の時期からしっかり紫外線対策をしてみてくださいね。



カテゴリ