日本美術の歴史的作品が超高精細デジタルアートに!『巨大映像で迫る五大絵師』展開催

日本美術の歴史的作品が超高精細デジタルアートに!『巨大映像で迫る五大絵師』展開催


フジ・メディア・ホールディングスのメディア・コンテンツ事業を担うフジアールは、デジタルアート展「『巨大映像で迫る五大絵師』 −北斎・広重・宗達・光琳・若冲の世界−」を、7月16日(金)~9月9日(木)の全56日間、大手町三井ホールにて開催する。

同展のチケットは、5月21日(金)より、ローソンチケット・チケットぴあ・イープラスにて販売を開始。また、同日より、上映作品リスト第一弾とダブルプログラムのカレンダーを公式サイトにて公開している。

日本美術の歴史的作品が超高精細デジタルアートに



同展では、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と歌川広重の「東海道五拾三次」、俵屋宗達と尾形光琳が描いた2つの「風神雷神図屏風」の競演、伊藤若冲の代表作「仙人掌群鶏図」など、日本美術の歴史的作品の数々を超高精細デジタルアートとして蘇らせる。

原作和紙の繊維一本一本まで再現


3面ワイド45mスクリーンに高輝度4Kプロジェクターを駆使したダイナミックな巨大映像空間で、浮世絵は原作和紙の繊維一本一本まで、金屏風や金襖絵は素材や表現の緻密な違いまでを再現。


国宝および重要文化財を含む40作品以上をラインナップし、デジタル技術と映像演出、そして巨大スクリーンによって大スペクタクルを展開する。会場内では、巨大な名画をバックに写真撮影も可能だ。

また、解説シアターでは作品のディテールを拡大表示し、ナレーション(英文字幕)によるわかりやすい解説で作品の魅力に迫る。

ほかにも「Digital北斎×広重」コーナーでは、「冨嶽三十六景」と「東海道五拾三次」からベストセレクション約60作品を大型モニター10数台で紹介する。

40作品以上を上映


上映予定の作品は、葛飾北斎の冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」「凱風快晴」「山下白雨」、歌川広重の東海道五拾三次「日本橋 朝之景」「蒲原 夜之雪」「庄野 白雨」、俵屋宗達 国宝「風神雷神図屏風」など、40作品以上を予定。上映作品が毎日入れ替わるダブルプログラムで行われる。

チケット料金は、一般2,000円、大学生・専門学生1,500円、中学生・高校生1,000円(各税込)で、満70歳以上、小学生以下、障がい者(添付者原則1名まで)は入場無料。チケットは、会期前・会期中に限らず、各日付が完売次第、販売終了となる。

公式YouTubeで作品解説動画も公開



また、7月16日(金)の開幕に向けて、注目ポイントを同展監修の日本美術史家・小林忠先生をはじめ、研究者が解説する動画シリーズ「尾上松也と日本美術講座」が、公式YouTubeチャンネルで公開中。毎月2回、新動画をアップしていく予定だ。

巨大映像と音楽がコラボレーションしたドラマチックな演出による新感覚のアートエキシビション。古の人々の息づかいまで聞こえてくるような、時空を超えたアート体験ができそうだ。

■大手町三井ホール
住所:東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One 3F

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ