【青天を衝け】渋沢篤太夫、西郷吉之助とも交流「豚鍋は三度ほどごちそうになった」と記録

【青天を衝け】渋沢篤太夫、西郷吉之助とも交流「豚鍋は三度ほどごちそうになった」と記録

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』の第15回「篤太夫、薩摩潜入」が23日、放送された。



【画像】おいしそう!2人が食事をともにした豚鍋



 今回、栄一と喜作(高良健吾)は、武士として初俸禄をもらい、円四郎(堤真一)から栄一は「篤太夫(とくだゆう)」、喜作は「成一郎(せいいちろう)」という新しい名も授かる。篤太夫の初仕事は、薩摩藩士・折田要蔵(徳井優)の隠密調査だった。そこで出会った西郷吉之助(博多華丸)から、“先の時代が読める優秀な人材ほど非業の最期を遂げる”と聞かされた篤太夫は、円四郎の行く末を心配する。



 この日は、篤太夫と西郷が豚鍋をともにするシーンがあり、本作の公式ツイッターは「一橋家に仕えた篤太夫は、有志を訪ねまわり、諸藩の動きを探る活動を行っていました。その一人が西郷吉之助。篤太夫はなぜか西郷に気に入られ、時には鹿児島名物の豚鍋を作るから一緒に食べないかと誘われたそう。豚鍋は三度ほどごちそうになった、と記録にあります」と実際に2人の交流があったことを明かした。



 今回が初登場となった、西郷吉之助・華丸については「華丸さんの西郷どんめっちゃいいな」「華丸さん、西郷どんだったね」「演技力が確かすぎる」と好評の声が上がっていた。
カテゴリ