ロシアのザギトワ選手、秋田犬の故郷を初訪問 愛犬マサルの兄弟と対面

ロシアのザギトワ選手、秋田犬の故郷を初訪問 愛犬マサルの兄弟と対面

 70年代のモスクワの空港で2年もの間、飼い主を待ち続けた“忠犬パルマ”の実話をもとに、日本とロシアで共同製作された映画『ハチとパルマの物語』の先行上映会が23日、ロケ地の秋田県大館市で開かれ、同作に本人役で出演した平昌(ピョンチャン)オリンピックフィギュアスケートの金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手(19)が舞台あいさつを行った。ザギトワ選手は「みなさんこんにちは私はアリーナ・ザギトワです。元気ですか?」と流暢な日本語を披露し、観客から喝采を浴びた。



【写真】愛犬マサルのきょうだいと初対面したザギトワ選手



 ザギトワ選手は、3年前大館市に本部がある秋田犬保存会から秋田犬の「マサル」を贈られた縁もあり、大館市の訪問を希望していたということで、今回初めて実現。舞台あいさつには、本人役で出演した福原淳嗣大館市長(53)、アナスタシア・ラザレフ役のアナスタシア(8)も登壇。司会は、ABS秋田放送の井関裕貴アナウンサーが担当した。



 あいさつの中でザギトワ選手は「オリンピックが終わってから、私の人生は大きく変わりました。いろんな国を訪れてさまざまな人と会うことになりました。今はコロナウィルスによる制限がありますが、日本に来てからはちゃんとルールを守って移動し、大館には10時間車に乗ってやってきました」と、コロナ禍での来日、そして大館市訪問への深い思いをのぞかせた。



 映画についても「自分にとって何が大切なことなのか、それを見つけることができるのではと思います。愛と友情によって、私たちはさまざまなことが実現可能になります」と語り、さらに秋田犬の故郷である大館市民に「マサルは元気です。皆さんによろしくと言ってました」と伝えた。



 さらに、「仕事の関係で出張も多いので、ずっと不在の時もあります。そんな時、よく家族から写真が届きますが、マサルは窓をのぞいて私の帰りを待っているようです。それを見ると非常に私もさびしいな、早く会いたいなという気持ちにいつもなります」と、愛犬マサルとのエピソードも語っていた。



 ザギトワ選手は今回、日本とロシアの文化交流の一環として、映画が公開されるこのタイミングに来日。さらに日露友好の架け橋となる特別フィギュアスケートプログラムを撮影し、後日配信という形で日本中に披露する。この件に関しても「日本でフィギュアスケートをお見せします。そのプログラムに招待されたことを大変光栄に思っています。みなさん、できるだけ頑張りますので楽しみにして下さい」とアピール。



 劇中でロシアと秋田犬をつなぐキャラクターを演じた、子役のアナスタシアもザギトワ選手に「会えてうれしいです。この映画に私も出てましたが、気に入ってもらえましたか? また日本に来てね」とロシア語でザギトワ選手にメッセージを伝えた。



 会場は、感染防止のため客席の間を1席ずつ空けて約500人の観客が着席。客席からは、拍手のほか、ロシア語の言葉を書いたボードで、ザギトワ選手へのメッセージを伝えるなど、穏やかな上映会となった。



 このあと、ザギトワ選手は、映画のロケ地でもある「秋田犬の里」を訪れ、マサルのきょうだいに当たる「勝大(しょうだい)」と念願の初対面を果たした。新型コロナウイルスの感染対策のため、直接触れ合うことはできず、ガラス越しでの対面となったが、ザギトワ選手は記念撮影をしたり、「本当にかわいい~」と満面の笑みを見せていた。



 映画『ハチとパルマの物語』は、国内では今月28日から全国で順次、公開される(ロシアでは公開中)。
カテゴリ