ホームレスから“大社長”へ「年商は110億円」 マネーの虎の成り上がりに名倉潤&河本準一も驚き

ホームレスから“大社長”へ「年商は110億円」 マネーの虎の成り上がりに名倉潤&河本準一も驚き

 ネプチューン・名倉潤、次長課長・河本準一がMCを務めるテレビ東京系『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(毎週木曜 深0:00)。20日の放送回は「人生が180度激変した人SP」と題し、ホームレスから“年商約110億円の社長”になった堀之内九一郎(73)さんが登場した。



【写真】新婚オーラ全開!名倉潤&渡辺満里奈の“ウェディングフォト”



 親の死後に約2億円の遺産を得た若かりし頃の堀之内さんだが、そのほとんどを「女遊びとお酒」に消費し、無職となった。多額の遺産が底をつき「『儲かる仕事は何か?』と考える。大義名分とか自分の将来のことではなく、要は儲かりたい、お金が欲しいと考える」と一念発起する。



 そこで「一番たくさんある仕事をしよう!」と電話帳に多く掲載されていたという「町の電気店」を起業。しかし一切のノウハウもなく、徐々にお金が回らなくなると、不渡りを出す。その後も起業と廃業を繰り返し、37歳で借金1億5000万円のどん底生活に…。



 一度は「東京に行って一旗揚げよう」と気炎を上げた堀之内さんだが、地元・鹿児島から離れ、身を置いたのは静岡・浜松市。ホームレス生活となった堀之内さんは、ある日のゴミ置き場に捨てられたテレビや冷蔵庫などの家電製品に注目する。



 「何もないからゴミを拾うしか(ない)。こんないいものが落ちているんだなって。自分でも使えるようように修理しようかなって、一個拾って帰ってみるとちょっとした手を入れると生き返る」。電気店時代の経験もあった堀之内さんは「これを商売にできないかな?」と思いつき、町のリサイクルショップからアイデアを得て、中古業『生活創庫』を開業した。



 今回のビジネスは「最小限の投資で最大限の利益を得るというのが商い」という理念ともマッチし、徐々に軌道に乗る。さらに当時、地元のテレビ局が推し進めていた「地球環境クリーンキャンペーン」の企画とマッチングし、知名度をアップさせると、日本テレビの半年にわたる密着取材では、視聴率20%超えを記録。一躍“時の人”となった。



 最盛期には「全国260店舗。年商は約110億円」と堀之内さん。その成り上がりぶりにMC・河本は「物を拾って直していた九一郎が、どデカい“大九一郎”に跳ね上がった!」と目を丸くする。



 その後、出演したバラエティー番組『¥マネーの虎』(日本テレビ系)では、若手起業家などに総額1500万円を先行投資しものの、その全てが失敗してしまう。しかし、その番組を視聴していたエアレースパイロットの室屋義秀が、堀之内さんへ直接支援を申し出た。



 当時、まだ無名だった室屋に対して、堀之内さんは毎月200万円ほど出資し、ガソリン代やメンテナンス費などをサポートするように。そこからしばらくして、室屋が「たまたまレッドブルから誘いがあるんです」と報告された堀之内さんは「行け行け、すぐ行け! 俺も金がない」と背中を押したという。



 番組ではそのほか、元カントリー娘。の斎藤美海が登場。アイドル引退後の生活ぶりを明かし、名倉、河本らを仰天させていた。
カテゴリ