ガッカリ…男性が親しくなった女性に幻滅してしまう瞬間3つ

ガッカリ…男性が親しくなった女性に幻滅してしまう瞬間3つ

男性と知り合っても、ある程度仲良くなったあとになぜか急に疎遠になってしまう……ということはありませんか?


そうなるとなかなかお付き合いまで発展せず、「何がいけないんだろう?」と悩んでしまうこともあると思います。


それは、もしかすると親しくなるにつれて自分を出すことができるようになる反面、悪い意味で相手をおどろかせているのかもしれません。


そこで今回は、男性が親しくなった女性に対して幻滅する瞬間について語ってもらいました。




1.意外と口が悪いと知ったとき


「おだやかで上品な女性だと思ってたのに、ふとしたときに男言葉を話したり、下品な言葉を聞いてしまったときは幻滅しましたね」(パティシエ/30歳)


「デートを重ねて会話の幅が広がってきたのは良かったんですが、意外と毒舌で他人への批判が激しいということが分かって、引いた」(営業/26歳)


人と人とがお互いを知るためには、やはり会話が重要ですよね。そのうえ気になる相手の話となれば、男性はとくに注意ぶかく聞いているはず。


だからこそ、親しくなるつれて言葉づかいが悪くなっていくとか、話す内容もネガティブな内容が増えていくような女性にはガッカリしてしまうよう。


彼女候補としては考えられなくなってしまうのでしょう。


2.ルーズな性格で迷惑をかけられたとき


「初めは約束の時間をちゃんと守っていたのに、だんだん平気で遅刻するようになってきた。親しくなると大切にされないような気がしましたね」(経理/28歳)


「仲良くなってきた頃、家に招いたらゴミを片付けずに帰って行ったんです。たまたま忘れたとかいうレベルじゃなかったので、配慮がない女性だなと思い幻滅しました」(IT/31歳)


これらのルーズな行動は、女性に悪気はなくても、男性は「自分がないがしろにされている」とか「大切に思われていない」と感じてしまい、ガッカリすることがあるようです。


やはりお付き合いするなら、自分を大切にしてくれる異性を選びたいと思うのは、男性も同じなのです。


ちょっとしたことで思いやりや配慮がないと感じられ、「無礼な女性」と幻滅されてしまうのはもったいないですね。



3.素直じゃないと感じたとき


3.素直じゃないと感じたとき


「喧嘩したときに自分は絶対に謝らない、非を認めない、ということが何度かありました。素直じゃないから話し合いもスムーズに行かず、疲れてしまって。言い訳や嘘で言い逃れされたのもガッカリでしたね」(医療関係/30歳)


親しくなって、お互いに言いたいことを言い合えるようになると、喧嘩になることもあるでしょう。


そんなとき素直になれず頑なな態度を見せたり、言い訳や嘘をついたりすることで、男性は「付き合ってもうまくいかなさそうだな」と幻滅してしまいます。


ときには、自分でも知らないうちに頑固になっていないか振りかえってみるのも良さそうです。


あてはまったら要注意!


せっかく男性と親しくなっても、幻滅されてしまうようなことが重なれば「彼女にはできない」と思われてしまいます。


もし心あたりがあれば、これから気を付けてみましょう。


そうすればきっと、親しくなった男性と恋愛に発展する可能性もあがるはずですよ。


(かりん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ