山里&若林『たりないふたり』解散ライブ前の総まとめ 立ち上げ人・安島隆が振り返る【Part.1『たりないふたり』編】

山里&若林『たりないふたり』解散ライブ前の総まとめ 立ち上げ人・安島隆が振り返る【Part.1『たりないふたり』編】

 南海キャンディーズ・山里亮太とオードリー・若林正恭による「たりないふたり」が、5月31日に東京・下北沢で行われる配信ライブ『明日のたりないふたり』をもって、解散する。2009年にお笑いライブ『潜在異色』で生まれ、2012年『たりないふたり』、14年『もっとたりないふたり』と日本テレビの深夜番組で漫才を披露してきた2人が、コンビ活動に終止符を打つことになるが、番組を立ち上げ、現在は編成部に所属する安島隆氏が、これまでの足跡を振り返る。はじめは12年の『たりないふたり』の印象深いエピソードを語った。



【写真】すべてはここから…9年前の『たりないふたり』カット



■1回の収録で3~4本の新作漫才 「ライブがテレビになることへの喜びに満ちていた」



 最後の漫才をするにあたり、若林くんがこれまでのたりないふたりを全シリーズ見返していると言っていて。僕もちょこちょこ見ているんですけど、最初はやっぱり2人とも若いなと感じました。自分も含めてそれなりに若いです(笑)。それこそ今回ライブをやる、下北沢のライブ会場で産声をあげたものが、そのまんまテレビになることの喜びで満ちていましたね。今考えると当時のテレビ番組への批評とも取れることも無自覚にやっていまして。例えば「テレビでワイプのリアクションがうまくできないので、こんな風にしてごまかしています」っていう…、もちろんネタなんですけど。ひな壇バラエティー番組が全盛だった時に「ひな壇でこうやって盛り上がってるフリをしています…」と話していたり、何のリスクも考えずに、ただただ喜びに満ちて無邪気にやっちゃっていました。



 収録は、1回で3~4本撮りで、毎回お客さんにグッズを買っていただいて、その収入が制作費の一部になるという感じで、完全に手作りだったんです。支えてくださるお客さんに楽しんでもらうために我々にできることは何かと考えたら、やっぱり漫才だなと。全12回だったのですが、DVD特典用の“幻の#13”もあって、合計13本新作漫才を作っているんですよ。1回につき、3~4本の新作をやるという漫才地獄が、3週間に1回くらいの結構なペースでやってくるんです(笑)。



 だから結果、日本テレビのけいこ場で箱詰めになって。山ちゃんは当時から『スッキリ!』の天の声の見守りをやっていたので。明け方まで漫才をつめて、そのまま日本テレビで働くADさん達が良く利用する仮眠室で少しだけ寝て、そのまま“天の声”を見守りに行っていました。若林くんも『黄金伝説』のレギュラーだったので、ほぼ徹夜状態で本番を迎えて、3~4本漫才をやって、そのあとそのまま漁港のロケとかに行っていましたね。それでも熱量でやりきったっていうのが2012ですね。



■ヘロヘロになるも若さで走り切る けいこ場は「お笑い合宿所みたいな感じ」



 そんな漫才地獄から這い上がる2人の熱量もすさまじかったのですが、見返してみると、さすがに#7くらいからちょっと老けていました(笑)。ヘロヘロになって、だけどよく走りきったなと。当時のたりないふたりって、今と違って、もっと計算して構築する感じだったんです。毎回、ツイッター投稿から入って、そのツイートに関連する企画をやって、企画から漫才にいくという形ですね。ツイッターの投稿が企画の伏線になって、さらにそれが伏線になって漫才が生まれるという、謎に凝った作りをしていました。だから、めちゃくちゃ時間がかかるんです(苦笑)。本当にけいこ場はお笑い合宿所みたいな感じで、みんなで「うーん」とうなりながら作っていた時代でした。



 それもこれも毎回新作漫才を披露するという番組ルールゆえなのですが、最初に僕がそういう風に企画書も書いちゃったし、そういう約束を2人ともしちゃったんですよね(笑)。だから、2人がとにかく大変で申し訳なかったと思うのですが、周りも大変でしたね。みんなドロドロになっていた。



 だけど、最終回を迎えた後も、これを続けていきたいという思いでした。2人ともすごく充実感を感じていたと思うし、みなさんに喜んでいただいた実感もあったので、個人的にもこんなことがずっと仕事でやれたら、スゲー楽しいなと思っていましたね。でも、それは14年に『もっとたりないふたり』をやってみて、全然そうはならないというのがわかるのですが…(Part.2『もっとたりないふたり』編に続く)。



◇『たりないふたり』ラインナップ(Huluにて配信中)

#1 社交性がたりない

#2 テレビがたりない

#3 恋愛がたりない

#4 逃げ道がたりない

#5 ストレス解消法

#6 結婚相手がたりない

#7 社交性がたりないII

#8 ドラマがたりない

#9 逃げ道がたりないII

#10 社交性がたりないIII

#11 答えがたりない

#12 漫才がたりない



■『明日のたりないふたり』

公式ホームページ:https://www.ntv.co.jp/tarinai/

配信日時:5月31日 午後6時30分

チケット:一般視聴チケット 3000円(GOTOイベント適用 2400円)
カテゴリ