菅野美穂・高畑充希・尾野真千子、映画『明日の食卓』舞台裏を明かす特別映像

菅野美穂・高畑充希・尾野真千子、映画『明日の食卓』舞台裏を明かす特別映像

 住んでいるところも家庭環境も異なるが、苗字は“石橋さん”で、同じ「ユウ」という名前の小学5年生・10歳の息子を育てている、3人の母親を菅野美穂、高畑充希、尾野真千子が演じる、映画『明日の食卓』(28日公開)。このたび、3人へのインタビューとメイキング映像・本編映像が折り重なった特別映像「3人の女優 渾身のキャラクター編」が解禁された。それぞれ演じた母親について語り、その舞台裏を明かしている。



【動画】映画『明日の食卓』特別映像【キャラクター編】



 本作は、第42回講談社児童文学新人賞を受賞した「十二歳」で作家デビューし、数々の受賞歴のある椰月美智子氏が2016年に発表した同名小説を、『糸』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の瀬々敬久監督が実写映画化。



 菅野が演じる留美子は、神奈川県在住の仕事復帰を目指す43歳のフリーライター。高畑が演じる加奈は、大阪府在住の30歳のシングルマザー。尾野が演じるあすみは、静岡県で優しい夫と自慢の優等生の息子に囲まれ幸せそうに暮らす36歳の専業主婦。



 菅野が「必死な人」と評する留美子は、その言葉通りに、復帰したばかりの仕事に、育児にと、とにかく必死に、パワフルに向き合っており、今回解禁された映像でもとにかく一生懸命な姿が印象的。その一生懸命さに、自らも子育てに向き合う菅野自身「育児をしている立場だと、どういうところに息が詰まって、どういうところに自分の喜びを感じるのか、というのが想像しやすく、すごく共感するところがたくさんある役でした」と語る。



 息子のために、雨が降ろうと自転車を漕いで仕事に向かい、健気に頑張る姿が印象的な加奈を「学はないけど、頭は悪くない人」と分析する高畑。「しっかりしているし、計画的だし、頑張れるし、理性も効くし、できた人だな、と思います」と話すように、つらい顔を見せずに笑顔で頑張る姿が、母としての責任感の強さを引き立てつつ、孤独感を漂わせる。



 「すごく難しかった」と尾野が語るのは、何不自由なく幸せを手に入れていると思いきや、徐々にその幸せが崩れていってしまう、あすみ。難役に挑戦した尾野は「正解のことをやっているつもりだったのですが、子ども目線のト書きを見ていると、“ダメなんだ”って、いろいろなことを気づかされる役、に感じました」と、自身の演技を振り返る。



 本編から母親たちが葛藤する姿も新たに解禁され、“なぜユウくんは殺されてしまったのかー?”と、誰もが経験したことのある親子の中にある狂気をより一層問いかけている。この3人の生活に何が起こってしまったのか、3人の女優たちが悩みながらも演じ抜いた姿の全てを劇場で見届けたい。

カテゴリ