親近感が大事!「男ウケするモテメイク」のつくり方

親近感が大事!「男ウケするモテメイク」のつくり方

存在感があってかわいいくて、みんなからモテる女性って憧れますよね。


モテる女性はみんなメイクやファッションでもひと工夫をしています。


でもいくらメイクやファッションを頑張っても、「イマイチ男ウケしない……」と感じる人も多いのではないでしょうか。


「男ウケ」に必要なのは、ずばり親近感。ナチュラルな印象を与えることで、男性に親近感を感じてもらうことができます。


そこで今回は、実際に男性からの意見を参考にして、男ウケするメイクのポイントを調査しました。



TPOに合わせたメイクをする


「バーベキューなのに、ばっちりメイクでちょっと引きました……。

メイク上手でも場違いなメイクは、『TPOが分からないのかな?』と思ってしまいます。

そのときのシーンに合わせてメイクも服も選べる女の子は素敵ですね」(28歳・営業)


メイクの仕上がりを重視するあまり、TPOの意識を忘れないようにしましょう。


バーベキューなどのアウトドアデートでは、自然になじむナチュラルメイクが好印象です。


反対におしゃれレストランで食事したりバーでデートしたりという大人のデートの場合は、ナチュラルメイクだと地味に見えてしまいます。


とくにアイメイクは場所を考えて、ラメをプラスする、シャドウだけにしてアイラインは引かないなどバランスを調節すると、TPOに合ったメイクができるでしょう。


気合いは入れすぎない


TPOに合わせてみても、メイクへの力の入れ方は注意が必要。とくに男性と女性とではメイクに対する見方も異なります。


「派手なメイクはちょっと苦手です。マツエクが、つけまつげ並みについているのもちょっと……。

気合が入りすぎていないナチュラルメイクに好感が持てます」(24歳・フリーター)


といった声のように、いまや女性の定番となったマツエクも、仕上がりによって男性と女性で意見が分かれるようです。


マツエクばっちりでアイラインがっつり、といった派手めなメイクに苦手意識を持つ男性は多い傾向にあります。


マツエクをつけるなら、長くしすぎない、本数をつけ過ぎないなど、ナチュラルさを重視したほうが男性ウケにつながるでしょう。


ベースメイクは素肌っぽさを意識する


ベースメイクは素肌っぽさを意識する


素肌は一番の武器であり、最も男性の好感度はとても高いです。その証拠にこんな声も。


「やっぱり肌がきれいな女の子に目がいきます。

ファンデーションの厚塗りも、おばさんっぽく見えてちょっといや……。素肌のきれいさを感じさせるメイクが好きです」(26歳・サービス業)


キレイに肌悩みをカバーできても、「いかにも塗ってます!」なベースメイクは男性ウケしない傾向にあります。


素肌っぽさを残したベースメイクが、好印象メイクには重要と言えるでしょう。


肌悩みをファンデーションで隠そうとすると厚塗りになりやすいです。


コンシーラーで部分的に隠すなど、悩みに合わせた下地を使うのがおすすめ!


また、マット肌よりもツヤ肌を意識したほうが、素肌っぽさが出て男性ウケしやすいでしょう。


清潔感と自然っぽさが、男ウケする


男性の意見をまとめると、清潔感や自然さに好感や親近感を抱きやすいようです。


最近はメイクの知識がある、という男性も少なくありません。メイクを強くしすぎると逆効果になることも多くなってしまいます。


男ウケするメイクをするなら「頑張りすぎない」ことを意識して、仕上がりをチェックしてみましょう。


親近感メイクで、恋もうまくいきやすくなるはずです!


(白藤 やよ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ