待ちに待った初デート!年下男子が喜ぶ3つの言動とは

待ちに待った初デート!年下男子が喜ぶ3つの言動とは

つきあって初めてのデート。


もちろん大好きな男性とのおでかけは、おしゃれしたいですよね。


何を話そうか……、とひと晩悩む人もいるかもしれません。


とくにデートのお相手が年下で、こちらも初めて年下とお付き合いする場合は、


どう接すればいいのかわからないこともあるでしょう。


年上女性との初デートで男性が「これをされたら嬉しい」言動について、聞いてみました。




「年下扱い」しない言動


「年齢に関係なく、ひとりの男として見てくれることが実感できたら嬉しいですね。


年上の女性に『自分の考えを持っててすごいね』と言われたい」(29歳/技術職)


「彼女が年上ですが、初デートのときから自然体でいてくれました。『私年上だし……』みたいなことを言われると、こっちも逆に気になっちゃうんですよ」(27歳/金融業)


せっかくの初デートです。


お互いの年齢は気にせず、純粋に相手のことをもっと知ろうとする姿勢が大切なのかも。


「この話をしたら年の差が……」などと考えすぎずに、知りたいと思ったこと、伝えたいと思ったことをそのまま言葉にしてみてはどうでしょうか。


一緒にデートを楽しもうとする言動


「デートは男性がリードしたほうがいい、とは思うけど、全部丸投げされると疲れます。


あなたのほうが年上でしょ? と思っちゃう」(27歳/サービス業)


「僕より経験や知識は豊富だと思うから、どうしたらデートが楽しくなるか一緒に考えてほしい。


『あそこのお店が美味しかったよ』とかって、積極的に提案してくれると嬉しいです」(28歳/公務員)


年上女性とのデートでは、適度に意見などを言ってもらえると嬉しいと感じる男性も少なくないようです。


必要以上に年下男子を子ども扱いしてリードする必要はありません。


一緒にデートを楽しむ積極的な姿勢を心がけてみて。



強がらない言動


「年上だからしっかりしなくちゃ、って思われるよりは、弱いところとかも見せてくれると嬉しい」(27歳/営業)


「年上の彼女と初デートで遊園地へ行ったときに『実はお化け屋敷とか苦手で…』と恥ずかしそうにカミングアウトされました。


そういう弱みを見せてくれたのが嬉しくて、なんかキュンとしましたね」(26歳/専門職)


相手が年下だから、お姉さんらしく凛とした姿を見せなきければいけないかというと、そんなことはありません。


たいていの男性は、年上の女性が弱い面を見せてくれることを嬉しいと感じるものです。


年下男子の前だからこそ、ちょっとした隙を見せてみるのもアリかも。


力を抜いて自然体でいられるのがベスト


年下男子との初デートだからといって、変に意識したり年上らしく振る舞うより、年齢差のことは気にせず、ありのままに行動するほうが好感度が高くなりそうです。


彼との時間を純粋に楽しもうという姿勢で、無邪気に笑うあなたの姿を見せて。


それが、相手を喜ばせるためのいちばんのポイントかもしれませんよ。


(愛カツ編集部)



カテゴリ