世界初のヘッドフォン劇場システムによる映画館「シアターギルド代官山」オープン

世界初のヘッドフォン劇場システムによる映画館「シアターギルド代官山」オープン


シアターギルドは、世界初のヘッドフォン劇場システム「サイレントシアター」を実装させた、直営第一号となる「シアターギルド代官山」を6月1日(火)にオープンする。

ヘッドフォンで映画鑑賞する劇場


「サイレントシアター」(特許取得済)は、シアターギルドが発明・開発した、ヘッドフォンで映画を鑑賞する新しい上映システム。隣の人の雑音が気になることも、音が外に漏れる心配もない。


専用ヘッドフォンによる独特の没入感に加え、視聴者自身が個別に音響ボリュームを調整することができるのもポイントだ。

好きな場所や姿勢で映画を楽しむ


また同施設は、建築上、防音対策の厚い壁や密閉ドアを省くことが可能となり、上映中でも窓を開放し季節の風を感じながら、映画を楽しむことができる。(渋谷区興行場営業許認可取得済)。

居心地のよさを追求した、通常の劇場とはまったく異なる内装設計にも注目。靴を脱いでカーテンを開けると目の前に現れるのは、3m×5mの特注4K LEDスクリーンだ。


入り口付近には1枚板のメインテーブルをはじめ、バーカウンター、大小さまざまな世界の銘品チェアが並ぶ。


また、壁面にはアート作品の数々。


さらに、座る場所は自由。好きな場所で好きな姿勢で映画を楽しめる特別な空間は、巨大なリビングルームのようだ。

6月上映予定映画は『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』ほか全6作品。詳細は「シアターギルド代官山」の公式サイトでチェックしてみて。

映画好きが集まる場所に


代表の五十嵐氏は、幼少期に暮らしたパリのアパルトマンの1階にあった小さな映画館で、スクリーンに映る世界の多様性や豊かな感情に触れ、「映画館をつくりたい」という夢を持ったという。

代官山でスタートする同施設は、地元密着型の映画館として、映画が好きな人などが集う小さなサロンとして、また映画が生まれる場所として、時間とともに街の一部として愛される場所になることを目指している。

街のあらゆる場所を劇場に変えることが可能に


ヘッドフォン劇場システム「サイレントシアター」は、街のあらゆる場所を劇場に変えることが可能となる。同社は、騒音ハードルで難しかったあらゆる既存テナント、屋外ロケーションを「映画館」などとして、国内外へ広めていくという。

この機会に、「シアターギルド代官山」で「サイレントシアター」を試してみては。

■シアターギルド代官山
住所:東京都渋谷区猿楽町11-6 サンローゼ代官山1F
席数:限定10席(総座席数40席)
カテゴリ