【青天を衝け】“平岡さま”がトレンド入り 最期のせりふは「やす」

【青天を衝け】“平岡さま”がトレンド入り 最期のせりふは「やす」

 俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』の第16回「恩人暗殺」が30日、放送された。



【写真】“最期”の直前に慶喜と会話をする円四郎



 今回、篤太夫(吉沢)と成一郎(高良健吾)は、円四郎に命ぜられ、一橋家の兵と家臣を募るべく関東に出向く。2人はかつての同志・真田範之助(板橋駿谷)に会い、一緒に働くことを勧めるが一蹴されショックを受ける。血洗島村では惇忠(田辺誠一)と平九郎(岡田健史)が水戸騒動に関わった嫌疑で連行され、惇忠は牢に入れられる。一方、京都では土方歳三(町田啓太)ら新選組が池田屋を襲撃。攘夷派志士の怒りは、禁裏御守衛総督の慶喜(草なぎ剛)と側近・円四郎(堤真一)に向かっていく…。



 円四郎の最期のせりふは木村佳乃が演じる妻の「やす」。これについて本回の演出を担当した村橋直樹氏は「(脚本の)大森美香さんらしい本だなと思いますし、『やす』という一言がとても好きだったので、意識するようにしました」と撮影の裏側を明かした。



 その暗殺シーンが放送されると、SNSでは「平岡さまの最期、直視できなかった」「平岡ロス」「堤さんの平岡さまをまだまだ見たかった」など“平岡さま”がツイッターのトレンドに入るなど多くの反響が見られた。



 公式SNSは「暗殺されてしまった円四郎。この時そばにいた川村恵十郎は、自らを奮い立たせ戦い、その場で、円四郎を斬った水戸藩士の林忠五郎と江幡広光と激しく交戦。その激闘で、顔にあとが残る程の、大きな刀傷を負いました」と解説。放送後に公開された“円四郎”堤のオフショットにも多数のコメントが寄せられている。
カテゴリ