希少なアマゾンカカオを使用した「バターのいとこ -Amazon Cacao Edition-」が再登場

希少なアマゾンカカオを使用した「バターのいとこ -Amazon Cacao Edition-」が再登場


希少な無農薬アマゾンカカオを使用した「バターのいとこ -Amazon Cacao Edition-」が再登場!

5月29日(土)より、「バターのいとこ Cafe」、「バターのいとこ」羽田空港店、「Chus(チャウス)」、「バターのいとこ」オンラインショップなどにて、順次発売中だ。

那須発の新銘菓「バターのいとこ」



“ふわっ、シャリッ、とろっ”の3つの食感が楽しい那須発の新銘菓「バターのいとこ」は、酪農王国でもある栃木県・那須で牧場を営む酪農家たちの愛情が詰まったおいしい牛乳からバターを作る際に、その大半としてバターと共に生まれるものの、安価に販売されてしまう“無脂肪乳”の価値を高めるために誕生。

「チャウス」と、森林を生かしたジャージー牛の放牧やその濃厚な牛乳で高い評価を得る「森林ノ牧場」が共同開発した。

アマゾンカカオ使用のスペシャルフレーバー



今回、昨年行われたチョコレートの祭典『サロン・デュ・ショコラ 2020』にて、アマゾンカカオブームの立役者・太田哲雄シェフの貴重なアマゾンカカオを用いたスペシャルフレーバー「バターのいとこ -Amazon Cacao Edition-」972円(税込)が、装い新たに数量限定で復活した。

豊かな香りと程よい酸味で上品な味わい


​同商品は、「バターのいとこ」発売当初から全てのレシピ開発に携わるパティシエユニット「Tangentes」の後藤裕一氏と仲村和浩氏が味を監修。


これまで販売していた“チョコ味”の原材料を、長野県でレストラン兼カカオラボ「LA CASA DI Tetsuo Ota」を営む太田哲雄氏のアマゾンカカオ(クリオロ種)に変更し、コクのあるチョコレートペーストの甘みとカカオ二ブの食感まで楽しめる一枚に仕上げた。南米・ペルーのカカオ村で栽培された無農薬のカカオを使用したスペシャルフレーバーは、豊かな香りと程よい酸味で上品な味わいに。

一口食べるたびに、カカオ本来の風味が口いっぱいに広がる贅沢な逸品を味わってみて!
カテゴリ