映画『夏への扉』特別映像、清原果耶メイン「璃子 純愛編」解禁

映画『夏への扉』特別映像、清原果耶メイン「璃子 純愛編」解禁

 俳優の山崎賢人(※崎=たつさき)が主演する映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』(6月25日公開)より、オンライン限定で見ることができる特別映像の第2弾として、山崎演じる宗一郎が大切に想う存在である・璃子(清原果耶)を中心に描いた「璃子 純愛編」が解禁された。



【動画】オンライン限定スペシャル映像「璃子 純愛編」



 本作は、1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に多大な影響を与え、60年以上経つ今でも色褪せぬ伝説の小説「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)が原作。



 山崎は、罠にはめられ、すべてを失いながらも未来を変えるため、1995年から2025年へ、30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じる。共演には、孤独に生きてきた宗一郎が家族のように大切に想う恩人の娘・璃子役に清原、30年後に目覚めた宗一郎の手助けをする人間にそっくりなロボット役に今年俳優生活25周年を迎える藤木直人。そのほか、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨 臨、原田泰造らが出演する。



 監督は、『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督。そして、LiSAの書き下ろし主題歌「サプライズ」が登場人物の心に寄り添いながら、観る者との架け橋となる。



 今回解禁された映像は、璃子をメインに描いた映像となっており、「ずっと宗ちゃんが好きだった」と宗一郎を後ろから抱きしめて璃子が告白するシーンや、いつも宗一郎の隣で彼を想い、一緒に過ごしていた璃子が感情的になり宗一郎の頬をたたくシーンなど、璃子が宗一郎を一途に思っていることが痛いほど伝わってくる。また、主題歌「サプライズ」もいつもと違う切り口で挿入されており、璃子が宗一郎に秘めていた切なる思いがエモーショナルに表現されている。



 ただ、そんな璃子は、先日公開された「時を超える宗一郎編」では、30年後の未来で亡くなっているという衝撃の事実が明らかになっており…。30年前に璃子の身に何があったのか? 果たして“純粋に宗一郎を想う気持ち”は宗一郎に届き、彼らは再び出会うことができるのか?

カテゴリ