同棲気分に引っ張られないで!「居座りがちな男性」の特徴3選

同棲気分に引っ張られないで!「居座りがちな男性」の特徴3選

最近彼がよく家に来てくれて、過ごす時間が増えた!と喜んでいるそこのあなた。


確かに彼とずっと一緒にいられるのは、嬉しいし幸せですよね。


でも、あなたの家に長時間い続けていませんか?


同棲気分を味わえて楽しいかもしれませんが、危険な落とし穴に注意したほうがいいかも。


そこで今回は、女性の家に「居座りがちな男性」の特徴を3つご紹介します。




依存しがち


居座る男性の主な特徴として、女性に依存しやすい傾向があります。


依存とは急にあなたがいなくなると生きていけない、つまりは自立ができていないのです。


自分の事を好きでいてくれるから、なんでも「尽くしてくれるのが当たり前」と強く思っていることも。


また、あなたのテリトリーに入ることであなた自身も、自分を許してくれた証と安心感が欲しいのでしょう。


ここであなたが甘やかしてしまうと、彼はあなたの部屋に頻繁に来るようになります。


まだ、お付き合いの段階ですから適度な距離感が長続きの秘訣ですよ。


一緒にいる時間は共有するけれど、プライベートを彼最優先にしないことが大切でしょう。


もし彼があなたを支配したがるようなら、「愛されているから」と勘違いしたりせずに、私生活を侵食されないよう注意が必要です。


自分からは別れを切り出さない


居座りがちな男性の最大の特徴のひとつは、「自分からは別れを切り出さない」です。


自分を甘やかしてくれる存在を、自ら切り捨てるなんて普通はしませんよね。


また結婚についてはあまり考えておらず、さりげなく同棲に持ち込み転がり込もうと隙を狙っているでしょうから注意が必要です。


自分も彼と一緒に暮らしたい!と思っていたとしても、明確なビジョンが浮かばないのはこの先の大事な場面でも彼がアクションを起こさないのが予想されます。


もし本当に同棲したいのであれば、同棲から何年後に結婚するのを目標にしたり、同棲する前にはお互いの親に了承を得たりするなどの具体的なルールを決めると良いでしょう。



口が達者


口が上手いのは、世のなかを渡って行くためには大切なスキルです。


しかし、男女間でとくに男性が口が上手い場合には要注意!


誰でも、褒められたり気持ちを言葉で表現してもらったりしたら嬉しいですよね。


しかし「居座りがちな男性」は、そんな人の気持ちを巧みに利用して相手を上手く丸め込んでしまうよう。


そのような言葉に惑わされてしまうと、たちまち彼のペースに飲み込まれてしまうでしょう。


このような男性にターゲットにされてしまうのが「一人でいるのが寂しい」と感じてしまうタイプの女性です。


確かに、本当の気持ちを言葉で伝えてくれているのかもしれませんが、お付き合いをして日が浅いのに「ずっと一緒に居たい」と言いながら家に入り浸るようであれば、予備軍として警戒した方が良いでしょう。


「ヒモ男」になる可能性も…


さり気なくあなたの家にいる時間を増やしていく「居座りがちな男性」は、行き過ぎでしまうと「ヒモ男」になる可能性も含んでいます。


ほどよい距離感を保ちながらお付き合いを続けていけば、彼も本気で同棲を考えてくれるかもしれません。


あなた自らが彼を居座る男性にしない、強いハートを育ててくださいね!


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ