季節によって味が変わる?“ちょっと危険”なジンジャーシロップpeligroで、オリジナルドリンクをつくってみて


Ginger&Companyから、見た目はかわいいけれど、“ちょっと危険”なジンジャーシロップ・「peligro(ペリグロ)」が登場。



生姜の日である6月15日(火)から、オンラインストアやカフェなどで販売されますよ。



季節を感じられるジンジャーシロップ/peligro





“季節や空気の質感、旬の食材は移り変わる日々の中で、なぜドリンクの味は変わらないことが前提なのだろう…?”



「peligro(180mL/税込1800円)」は、そんな疑問から誕生したのだとか。



天候や土の状態によって変わる、“その時”の生姜の風味が味わえるシロップに仕上げたそうですよ。



1ロットで75本しか作ることができない、少量生産によって実現した、一年を通して味わいも見た目もどんどん変化する“独創的なジンジャーシロップ”なんです。



チャレンジしてみて、“ちょっと危険”なお味





peligroはスペイン語で“危険”という意味。



手に取る時期によって味が変化する、ジンジャーシロップ「peligro」には、意外性のある様々なものと混ぜてゆくことで、“少しだけ危険な斬新さ”を楽しんでほしいという想いが込められているんです。





ジンジャーシロップは炭酸水やお湯、紅茶やホットミルク等で割って飲むのが定番のスタイルですが、「peligro」は斬新な発想の楽しみ方をおすすめしているんです。



例えば、6月11日(金)から開催されるコーヒーショップ・SRでのポップアップストアでは、コーヒーと合わせたオリジナルドリンクが販売されます。





さらに今後は、抹茶やクラフトビール、クラフトジンなど化学反応を楽しめるような混ぜ方を考案していくそう。



糖度が低くスッキリとした味わいなので、原液のままジンジャーショットとして少しずつ…という飲み方もおすすめだといいます。





おうちで楽しむのはもちろんですが、お友だちと“ちょっとだけ危険”な組み合わせを試すのも楽しいかもしれません。



新ブランドを記念して、ポップアップも開催





新ブランドの立ち上げを記念して、近頃おしゃれなお店が続々とオープンしている日本橋兜町で、ポップアップも開催されます。



6月11日(金)から13日(日)の期間限定で、コーヒーショップ・SR Coffee Roaster & Bar(エスアール コーヒーロースター アンド バー)にて「peligro」が先行販売されますよ。



SR Coffee Roaster & Bar

場所:東京都中央区日本橋兜町9-5

※店舗での販売状況は直接お問い合わせください


その時によって変わる、ボトルデザインも楽しみ





作られる度に柄が変わる、おしゃれなボトルデザインも魅力的。



オンラインストアには更に美味しさの秘密がたっぷり書かれているので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。



peligroオンラインストア

https://peligro.theshop.jp/



カテゴリ