佐藤健『るろ剣』最終章は「二つで一つ」 同時鑑賞を勧める

佐藤健『るろ剣』最終章は「二つで一つ」 同時鑑賞を勧める

 俳優の佐藤健が4日、都内で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Final』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席。2部作で描かれる『The Beginning』が同日に封切りを迎え、佐藤は「僕の気持ち的には二つで一つの作品。同時に堪能していただけたら幸いです」と観客へ呼びかけた。



【集合ショット】武井咲、土屋太鳳、青木崇高ら豪華キャスト陣が集結!



 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田)とのクライマックスが描かれる『The Final』、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』(本日公開)の2部作で描かれる。



 「正直、撮ってる段階では(公開順は)確定してなかった。何なら『The Beginning』を先に見てもらったテイで『The Final』のラストシーンを演じたりしていました。多分正解はないけど、ただ間違いなく言えるのは『The Final』を見た後に『The Beginning』を見たらより面白さを感じるし、その逆も然り。そういった楽しみ方をしてほしい」とアピール。



 メガホンを取った大友啓史監督も「どっちの順番でも見てもらって大丈夫です。物語としては『The Beginning』を見てからだと、『The Final』の感情をより理解できると思いますし、その逆も発見があると思います。裏表のあるコインのような作品になっていますので、どうぞかわいがってください」と語っていた。



 舞台あいさつにはそのほか、武井咲、青木崇高、土屋太鳳、江口洋介が出席した。
カテゴリ