超初心者必見!「恋愛をするときの4つのルール」とは

超初心者必見!「恋愛をするときの4つのルール」とは

久しぶりの恋愛やあまり恋愛経験がない人は、恋をしたときにどう動けばいいのかわからなくなることもあるのではないでしょうか。


そこで今回は、超初心者が押さえておきたい恋愛のルールを4つご紹介します。



アピールのしすぎは厳禁


一般的に、男性は獲物を追うのが好きな生き物です。


多くの男性にとって好みの女性を自分のものにするプロセスは一種のエンターテイメントでさえあります。


さらに男性は女性を追う過程で自分の恋愛感情を自覚することも多いようです。


しかし、女性のほうから積極的にアピールをしすぎてしまうと、男性はその女性を「追わなくても簡単に得ることができる女性」と判断してしまいます。


相手の男性に本気で好きになってほしいのなら、「追いたくなるような魅力」を磨く努力をし、なおかつ彼にとって「追わなければ得られない存在」でいる必要があるのです。


一人の人だけに固執しない


恋愛下手な人の多くは、交際に発展する前から一人の相手に執着してしまいがちです。


一方で恋愛が上手くいく女性の多くは、「仲の良い男性」や「好みの恋人候補」が複数いたりします。


言うまでもないですが、一人の異性に執着するよりも、複数の異性と同時進行でやり取りをするほうが恋人ができる可能性はずっと高くなります。


さらに複数の恋人候補とやり取りをすることで、自然と「重い女」になってしまうのを防ぐこともできます。


余裕をもって恋愛をするためには、付き合う前から「この人しかいない」と一人に執着するのではなく、「この人も素敵だな」と「あの人も好みだな」というふうに複数の候補を用意しておくと良いでしょう。


相手の言葉を過信しない


多くの人は恋愛が絡む場面において、あまり本音を言いません。


たとえば、本当は会うのを避けたいと思っている人が「最近仕事が忙しくて休みがない」と言ったり……。


またある人は本当は「その人がタイプではない」というのが本心なのだけど「今僕は誰とも付き合う気がないんだよね」などと言ったりします。


これらの場合、もしも相手の言葉を鵜呑みにしてしまうと、会いたくないと思われているのに「仕事が忙しいなら落ち着いたら連絡をくれるだろう」と期待してしまったり、可能性がない相手なのに「彼が誰かと付き合いたくなるまで待とう」と考えてしまったりするでしょう。


つまり、人の言葉をそのまま鵜呑みにしてしまうと、相手の本当の気持ちは読めないことが頻繁にあるのです。


相手の言葉をそのまま鵜呑みにするのではなく、「その言葉にはどんな真意があるのだろう」と慎重に捉えることが大切でしょう。


付き合うまで身体は許さない


これは基本中の基本ですよね。


男性は付き合うという決心をしなくても手に入る女性には、本命の彼女にしたいと思うほどの魅力を感じません。


遊びの関係から彼女になったという話も多少は聞きますが、そのような女性よりも2番目のままで彼女になれないという女性のほうが圧倒的に多いのです。


付き合うということはある程度の責任を負うことになります。


一方で遊びの関係は恋人よりもずっと簡易的な関係です。


ただで手に入る商品にわざわざお金を払いたいという人が少ないのと同じで、男性は身体の関係を持ってくれる女性をわざわざ本命の彼女にしようとは思わないのです。


女性としての価値を落とさないためにも、付き合ってもいない男性と容易に身体の関係を持つのは控えましょう。


基本のルールを押さえておいて


とても基本的な4つのルールですが、恋愛ではこれらがとても重要になります。


恋愛の経験が少ない女性は最低でもこの4つのルールを守っておくと、恋愛で大けがをすることは避けられるかもしれません。


(杉子/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ