ゆりやん『ドラゴン桜』で“ポップな英語講師”役 「東大専科」のリスニング力を強化

ゆりやん『ドラゴン桜』で“ポップな英語講師”役 「東大専科」のリスニング力を強化

 お笑い芸人・ゆりやんレトリィバァが、TBS系日曜劇場『ドラゴン桜』(毎週日曜 後9:00)の第7話(6日放送)に出演することが決定した。東大専科のリスニング力を引き上げる“超ポップな英語特別講師”由利杏奈を演じる。



【場面カット】ゆりやんが「東大専科」のリスニング力を爆アゲ!



 第7話では、東大専科の7人が東大模試を受けることに。生徒たちの「リスニング力」を強化するため桜木(阿部寛)は、英語特別講師・由利杏奈を招集。前作では、英語特別講師・川口洋が、エアロビクスをしながらビートルズの曲の歌詞を復唱させる、という突飛な勉強法を披露したが、由利も予想だにしないポップな方法で生徒たちのリスニング力を強化する。



 “日曜劇場初出演”を飾るゆりやんは、アメリカ留学の経験があり、2019年にはアメリカの人気オーディション番組に出演し、その英会話力でも大きな話題を集めた。そんなゆりやんが今回、英語講師として桜木たちとどのような芝居を繰り広げるのか注目だ。



<ゆりやんレトリィバァ>

今回、このお話をいただいたときは、すごくうれしかったんです。けど、前作も見ていたので「あの作品に本当に私が出られるの?」と恐れ多いという気持ちが最初の印象でした。でも実際に現場に入ってみると、緊張していた私に阿部寛さんをはじめキャストの皆さんが本当に優しく接してくださったので、のびのびと楽しくお芝居ができました。



私が演じる杏奈が教える勉強法は、実は私が学生時代にやっていた勉強法と一緒なんです。誰かに教えてもらってやっていたわけではないですが、あの頃やっていた勉強法が的を射ていたんだと思って感慨深かったですし、お芝居をする上でも自分の実体験を生かして演じられた気がします。その勉強法とはいったいどんな内容なのか? ぜひご期待いただけたらうれしいです。
カテゴリ