白石聖、白の肩出しドレスで魅了 “胸が鳴る”かき氷愛もチラリ「1日に4つ食べられた」

白石聖、白の肩出しドレスで魅了 “胸が鳴る”かき氷愛もチラリ「1日に4つ食べられた」

 女優の白石聖が5日、都内で行われた映画『胸が鳴るのは君のせい』公開祈念舞台あいさつに登壇。白の肩出しドレスで登場し、さわやかな笑顔を振りまいた。



【全身ショット】抜群のかわいさ!舞台あいさつに白の肩出しドレスで登壇した白石聖



 今作は累計発行部数250万部突破の紺野りさ氏による名作少女コミック(小学館『ベツコミ フラワーコミックス』刊)を実写化。転校生の有馬隼人(浮所飛貴)と、有馬を想い続ける篠原つかさ(白石)が繰り広げる、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。



 この日のイベントで、白石は「こういった時期に、お客様を迎え入れることができ、感動しています。作品を無事に届けることができて、胸をなでおろしています」としみじみ。作品の内容にちなんで「最近ドキドキしたこと」のトークテーマでは「一番はこの日を迎えられたことですが、かき氷がすごく好きで(笑)、お仕事の関係で1日に4つ食べられることがありまして、それは胸が鳴りました。最近のかき氷は本当にフワフワなので、おいしくいただきました」と声を弾ませていた。



 舞台あいさつにはそのほか、板垣瑞生、原菜乃華、高橋洋人監督も登壇した。
カテゴリ