原菜乃華、カラスにサンドイッチ取られる 浮所飛貴の“お姫様抱っこ”にときめきも

原菜乃華、カラスにサンドイッチ取られる 浮所飛貴の“お姫様抱っこ”にときめきも

 女優の原菜乃華が5日、都内で行われた映画『胸が鳴るのは君のせい』公開祈念舞台あいさつに登壇。映画の内容にちなんで「最近ドキドキしたエピソードは?」とのテーマで、共演者を驚かせる秘話を告白した。



【集合ショット】花束を持ちにっこり笑顔を浮かべる浮所飛貴&白石聖ら



 原が「早朝、急いでいたので、サンドイッチを食べながら歩いていたら、カラスが飛んできて、目の前でバサバサ、ゆらゆらしていたので、驚いちゃって(サンドイッチを)落としちゃったんです。そうしたら、カラスが取っていきました(笑)。すごく怖かったです」とぶっちゃけると、共演者たちから「怖かった話?」と笑顔でツッコミが。原は「ドキドキしました。トラウマになっちゃいましたね」とサラリと明かして笑わせた。



 今作は累計発行部数250万部突破の紺野りさ氏による名作少女コミック(小学館『ベツコミ フラワーコミックス』刊)を実写化。転校生の有馬隼人(浮所飛貴)と、有馬を想い続ける篠原つかさ(白石聖)が繰り広げる、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。



 原は、有馬の元カノでお嬢様女子高に通う美少女・長谷部麻友を演じているが、劇中の“お姫様抱っこ”シーンの裏側を回顧。「(お姫様抱っこをしたまま)数分キープしなきゃいけない時があったのですが、ずっと『首とか体勢はキツくない? 大丈夫?』って言ってくださって、本当にリアル有馬くんだなと思いました」と声を弾ませると、浮所が「めちゃくちゃうれしいですけど、恥ずかしいです」と照れ笑いを浮かべていた。



 舞台あいさつにはそのほか、白石聖、板垣瑞生、高橋洋人監督も登壇した。
カテゴリ