男性が好きな人に見せている「意外な脈ありサイン」とは?

男性が好きな人に見せている「意外な脈ありサイン」とは?

好きな人が自分を好きかどうか気になるとき、あなたはどこで相手の気持ちを判断しますか?


脈ありだという確信が持てないと、積極的にアプローチできないところがありますよね。


今回は、男性が好きな人に見せる意外な脈ありサインを集めてみました。


一見脈ナシに見える男性も、意外と知らないところで、好意を持ってくれているかもしれません。


自信を持って恋愛ができるよう、彼の好意を見抜くポイントにしてみてくださいね。




1.口数が少ない


男性は好きな人を前にすると、気持ちが高ぶる傾向があります。


そのため、好きな人と一緒にいるときに、何を話したらいいのかわからなくなってしまうことがあるよう。


本当は話をしたいと思ってはいても、緊張で言葉が出なかったり、気を遣って話ができなかったりするのです。


気になる彼があなたと一緒にいるときに口数は減るようなら、あなたのことが気になっている証拠でしょう。


彼にそういったサインが見られたら、気軽に雑談をしながら距離を縮めてみてください。


「仕事はどう?」「最近何にハマっている?」など、何気ない話題なら話しやすく、2人の距離も縮まるはずですよ。


2.自主性が少ない


好きな人の前では、できるだけ相手を優先にしたいと考える人もいるでしょう。


たとえば、デートをするときに自分よりも相手の行きたいところや、相手の食べたいものを優先させるなど。


普段なら好き勝手に行動する男性も、好きな人の前では「嫌われたくない」「相手のために尽くしたい」と思って、相手を優先する場面があるはずです。


彼らしさや本音が見えてこないため、困惑してしまう女性もいるかもしれません。


しかし、彼の自分らしさが見えないのは、あなたを第一に考えたいから。


彼があなたの前で、自分の気持ちではなく、あなたの気持ちを優先して動く様子が見られるなら、それは脈ありのサインですよ。



3.行動が消極的である


相手が好きだからこそ、思うようにアプローチができない男性もなかにはいるでしょう。


たとえば「こんな時間にLINEを送ったら迷惑かな……」と考えて、LINEを送るのを控えたり「デートに誘っても、ほかに予定があるかもしれない……」と考えて行動が消極的になったり。


相手の迷惑になることは極力避けたいと思うのも、恋愛感情のひとつです。


あなたに興味がないから、消極的になっているのではなく、好きだからこそ、行動が消極的になることもあるのです。


自分から声をかけるのは勇気が入りますが、男性任せではなく、あなたからも、積極的にアプローチをしてあげられるといいかもしれませんよ。


彼の好意を上手に見抜こう


脈ありサインは、あからさまに好意だとわかるものばかりとは限りません。


恋愛は相手が変われば、恋愛の仕方もガラリと変わります。


まずは相手がどんな人なのか、人となりを把握しながら、脈ありサインを見抜けるようになるといいですよ。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ