世界初Jambaのデリカフェが東京駅にOPEN。ブランド初のデリプレートや日本初メニューが続々ラインナップ


カリフォルニア発、スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」の世界初のデリカフェ「Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI」が誕生。



東京駅構内・グランスタ丸の内に6月15日(火)オープンします。



Jamba初のデリカフェが東京駅に





Jamba初のデリカフェとしてオープンする「Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI」。





“ナチュラル・ヘルシー・ポップ” をコンセプトに、ライフスタイルにあわせて選べるフードやドリンクがイートイン&テイクアウトで楽しめちゃうんです。



世界初も登場!フードメニューをチェック





ナチュラル・ヘルシーを選べるブランド初の『デリプレート』(税込1200円)はマストチェック!



11種のデリを自分好みにカスタマイズして、“野菜オンリーのヘルシーなデリプレート”や“タンパク質豊富なデリプレート”が作れるそうですよ。





気分に合わせて選べるポップなサラダ(税込1000円~)はレッド、イエロー、グリーン、ブラウン、ホワイトの全5種類。







ラップサンド、ベーグル、オープンサンドなど全6種のサンドウィッチ(税込550円~)はテイクアウトに最適です。





ティータイムにうれしいスイーツは、グルテンフリーのバスチーなど全7種(税込380円~)がお目見え。





フルーツたっぷり『マンゴーメドレーボウル』(税込990円~)などの新メニューも登場するそうですよ。



日本初が満載のドリンクメニュー





日本初のJambaオリジナルブレンドコーヒー(税込390円~)など、ドリンクも充実!



豆乳、アーモンドミルクなど、ナチュラルを選べるプラントベースなラテもお目見えするのだとか。





アメリカで定番のショット(税込390円~)はジンジャーベースで日本初展開。





オリジナルスムージーは、日本限定『ソライロ・コージー』をはじめ、全12種(税込550円~)が登場します。





その他、時間帯ごとに楽しめるセットメニュー、タンブラーやマグカップなどのグッズ販売もお楽しみ。



気になる人は立ち寄ってみてくださいね。



※メニュー内容、価格が変更される場合があります。



「Jamba Kitchen Labo GRANSTA MARUNOUCHI」概要

場所:JR東日本東京駅構内地下1階 改札外

営業時間:8時~22時(日曜、連休最終日の祝日は21時まで)

※新型コロナウイルス感染拡大に伴い営業時間が変更される場合があります。



Jamba 公式HP

https://www.jamba.jp/



カテゴリ