もしかして冷めた?LINEの頻度が少ない彼氏の本音

もしかして冷めた?LINEの頻度が少ない彼氏の本音

大好きな彼と付き合い始めて、幸せいっぱいの気持ちのあなた。


しかし付き合い始める前と比べて、なんだか彼からの毎日のメールやLINEなどの連絡の間隔が開くようになった気がして、不安になっていませんか?


「もしかして、彼は私のことキライになったのかな?」


そんなことを考えて、落ち込んでしまうこともあるかもしれません。


そこで今回は、LINEの頻度が少ない彼氏の本音をご紹介します。



付き合っているので安心している


いつまでも彼と毎日ラブラブなメールやLINEをしたい女性と違い、男性は彼女との付き合いが長くなればなるほど、頻繁に連絡はしなくなります。


そこまで頻繁にやりとりをしなくても、「彼女との関係性が安定しているから大丈夫!」と考え、安心してしまうのです。


まさに「釣った魚にエサはやらない」という言葉そのままですが、「男とはそういうもの」と思って気楽に過ごしたほうが、彼ともうまくやっていけるでしょう。


ここで「連絡が少ない!」と彼を責めると、彼はあなたのことを「面倒くさい女」と思うようになるかもしれないので、注意が必要です。


LINE自体が好きではない


メールやLINE大好きな女性と違い、男性のなかにはLINEやメール自体を「面倒くさい」と感じる人が案外います。


多くの男性にとってメールやLINEは「単なる連絡手段」


なかにはスマホ自体、1日に数回しか見ないという男性もいるのです。


そんな彼があなたと付き合い始めるまでマメに返信してくれていたのは、あなたが去っていくのを恐れていたからにほかなりません。


あなたが「彼女」という存在になったため、元の彼に戻ってしまったのでしょう。


仕事やプライベートが忙しい


仕事やプライベートが忙しい


仕事の忙しい人は勤務中に彼女と連絡を取る暇もないくらい忙しく、なかには「勤務中は携帯・スマホ一切禁止」という職場もあるほど。


そんな彼は、あなたにもっとマメに連絡したいと思っていても、思うようにはいきません。


「私と仕事、どっちが大切なの?」「本当はほかに女がいるんじゃないの?」とすぐに疑ってしまうあなた、彼が「仕事が忙しい」というのは、本当かもしれませんよ!


ただし、本当に仕事が忙しいのか、それとも本命の彼女とのデートで忙しいのかを、巧妙にごまかす「隠れチャラ男」もいるので要注意。


あまり彼のことをよく知らないまま付き合い始めてしまったというあなたは、時には彼の仕事のことを話題に出して、不自然な答えが返ってこないかどうかを確認してみましょう。


冷めたわけではない


男性が彼女と付き合い始めてから連絡の頻度が少なくなる理由は、じつはこんなことだったりするのです。


「彼があなたのことをキライになったから連絡が少なくなった」という最悪のパターンは案外少ないので、もっと彼を信じて、気持ちに余裕を持ってみてもいいのではないでしょうか。


(Nona/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ