DAIGO、妻・北川景子主演『リコカツ』に「泣いた」 来週の最終回に寂しさも

DAIGO、妻・北川景子主演『リコカツ』に「泣いた」 来週の最終回に寂しさも

 ミュージシャンのDAIGOが11日、自身のツイッターを更新。同日に放送された、妻で女優の北川景子が主演を務めるTBS系ドラマ『リコカツ』(毎週金曜 後10:00)の9話について「自分は 泣いた」とツイートした。



【場面カット】紘一(永山瑛太)と別れた咲(北川景子)だが…



 これまでも『リコカツ』放送直後に感想をツイートしてきたDAIGO。先週の8話放送後には「もどかしい、でもそれがいい。あと2話。どうなるのか。非常に楽しみだ」とツイートしていたが、9話放送後には泣いたことを明かし、「そして 大人の2人なのに 最後 アレをしないのがいい。 それが余計 キュンだ」と胸キュンポイントを振り返った。



 ドラマは次週の10話で最終回となるが「来週、最終回 終わってほしくない。 ずっと 咲と紘一や、みんなに会えなくなるのは 寂しい」と終了を嘆き、「同じ気持ちの人 リツイート!」と呼びかけると、12時間で4400以上もリツイートされている。



 同ドラマは、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。北川と永山瑛太が、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”しながらも、早くも離婚を決意した夫婦の“離婚”からはじまるオリジナルラブストーリーを描く。



■第9話のあらすじ

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、互いの幸せを願うあまり本音を隠して再び別れた。そして咲は、紘一との思い出が詰まった共有名義のマンションを売ることを決意。貴也(高橋光臣)にマンション売却の一切を委ね、依頼を受けた貴也は水戸の緒原家に紘一を訪ねる。



ある日、武史(平田満)に呼び出された紘一は、武史が美土里(三石琴乃)をだまして大金を奪った立川(中山麻聖)をやり込めようと作戦を練っていることを知る。立川に対面した二人は、美土里が必死に隠していたある事実を知ることに…。



咲が担当するカリスマ恋愛小説家・水無月連(白洲迅)の小説が完成間近に。結末は咲と紘一次第だと言う連は、強がる咲の本心を見抜く。



それぞれが大切な人に伝えたい、本当の想いとは…。
カテゴリ