映画『ブラックバード』冒頭映像解禁 いつもどおりに振る舞う決意の朝

映画『ブラックバード』冒頭映像解禁 いつもどおりに振る舞う決意の朝

 安楽死を題材に、“家族との絆と覚悟”を観る人全てに問いかける感動の物語『ブラックバード 家族が家族であるうちに』(公開中)より、冒頭の映像が解禁された。



【動画】映画『ブラックバード』冒頭映像



 海辺の近くに建てられた静かな一軒の邸宅とその周囲の風景を切り取ったシーンから映像は始まる。邸宅の周りにはほかの家はもちろん、景色をさえぎるものも何もなく、見渡す限りの静謐(ひつ)で美しい環境。そんな中、その邸宅の中から、大きな窓を開けて外の空気を入れるポールの姿が見える。



 次に映しだされるのはベッドからぎこちなく起き出すリリーの様子。自分の意思で身体を動かすには限界が来ている彼女をポールは心配そうに見つめるが「一人でできるわ」と気丈に振る舞い、降り立ったキッチンでは「陰気な曲」を嫌がったリリーが変更した楽しそうな音楽に寄り添いながら、この上なく幸せそうに踊りだす。安楽死を決意した週末、あくまでもいつも通りに振る舞おうとする二人の夫婦の姿を切り取った冒頭映像となっている。



 この後、娘のジェニファー(ケイト・ウィンスレット)、アナ(ミア・ワシコウスカ)とその家族たち、そしてリリーの学生時代からの大親友で家族同然のリズ(リンゼイ・ダンカン)らが集まってきて…。安楽死を選択したリリーが“家族が家族であるうちに”過ごすために自ら用意した最後の晩餐がはじまる。それぞれ平静さを装っていたが…。あるきっかけで緊張の糸が切れ、次々とそれぞれの秘密が明かされていく。そして最後に家族がとった行動とは…。



 母リリーは、『デッドマン・ウォーキング』(1995年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したスーザン・サランドン。長女のジェニファーは、『タイタニック』(1997年)で世界的にその名を知らしめ『愛を読むひと』(2008年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したケイト・ウインスレット。次女アナは、『アリス・イン・ワンダーランド』(10年)のアリス役に大抜てきされたミア・ワシコウスカ。そして、リリーの夫ポールは『ジュラシック・パークIII』(01年)などで活躍するサム・ニールが演じる。

カテゴリ