花江夏樹、下野紘と息のあったかけあい さんまの炭治郎オファーをピシャリ「絶対にこの世界観に合わない」

花江夏樹、下野紘と息のあったかけあい さんまの炭治郎オファーをピシャリ「絶対にこの世界観に合わない」

 声優の花江夏樹、下野紘が12日、都内で行われた映画『漁港の肉子ちゃん』公開記念舞台あいさつに登壇。息のあったかけあいで、会場の笑いを誘った。



【動画】『鬼滅の刃』コンビが集結!変顔イジりでイチャイチャぶりを見せた花江夏樹&下野紘



 本作は、明石家さんまが、直木賞作家・西加奈子の小説に惚れ込み企画・プロデュースした劇場用アニメ。漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコの秘密がむすぶ感動のハートフルコメディーを描く。



 二宮役を担当する花江が、役との共通点について思案していると、下野がすかさず「変顔をするところですかね?」とニヤリ。花江が「僕の何を知っているんですか」と笑い声でツッコミを入れながら「僕、プライベートはすごく声が小さいので、ボソボソとしゃべる二宮はやりやすかったです」と声を弾ませた。



 さんまから「プロデューサーとしては(『鬼滅の刃』で花江が演じた)炭治郎でやってほしかった」と打ち明けられるも、花江は「絶対にこの世界観に合わないです(笑)」とすぐさま否定。さんまが「飛沫の刃」と白い歯を見せながら切り返すなど、テンポ感あふれるかけあいを披露していった。



 舞台あいさつにはそのほか、Cocomi、石井いづみ、渡辺歩監督も登壇した。

カテゴリ