生島翔、堤幸彦監督とタッグ 世界が驚くダンス映画制作へ

生島翔、堤幸彦監督とタッグ 世界が驚くダンス映画制作へ

 コンテンポラリーダンサーで振付師・俳優の生島翔(35)が堤幸彦監督(65)とタッグを組み、世界が驚くダンス映画を制作することが13日、わかった。東京2021オリンピック・パラリンピックに向け、芸術文化都市・東京の魅力を伝える『Tokyo Tokyo FESTIVAL』海外発文化プロジェクトの一環として作られる。



【写真】映画『DARC』では…鬼気迫るヤクザの幹部を熱演した生島翔



 当初は昨年8月にドイツと日本を結ぶダンス作品を作り、東京芸術劇場で公演も行う予定だったが、コロナ禍により今年、仕切り直してダンス映像作品に形を変えて発表することになった。



 「どうせ作るなら世界中に発信し、海外の映画祭でも上映されるような内容にしたい!」。生島は“海外進出”という熱い思いを実現すべく、東日本大震災のドキュメンタリー番組『Kesennuma,Voices.』で気心の知れている堤監督にメガホンを依頼した。音楽には、坂本龍一(69)や野田秀樹(65)、国内外のアーティストたちとコラボを果たしている音楽家・原摩利彦氏(37)を迎え、生島は企画の主宰だけでなく、振付兼ダンサーとしても参加する。



 テーマは1. 大自然、2. ディストピア(暗黒世界)、3. 夜明け(希望)。ロケ地は自然の残る伊豆大島にし、このほど堤監督とともにロケハンも終えた。「生島翔率いる3人のダンサーが自然に立ち向かい、コロナ禍での“人間の限界”“愚かしさ”みたいなモノを踊りで表現する。世界中の人が見ないで、どうするんだ!」と堤監督は気合十分。7月中旬に現地で撮影を行い、作品は8月29・30日と9月3日に東京・渋谷ユーロライブで上映されることも決定した。



 生島といえば高校から渡米。ニューヨーク大学ティッシュ・スクールオブジアーツを3年で卒業し、2018年の米映画『Darc』では準主役を務めNetflixで世界190カ国に配信された。最近では「世界中で地球を考えるアースデイ」にMCとして登場。流ちょうな英語と日本語を駆使したイベントの司会ぶりはYouTubeで世界配信され、アメリカとカナダのサッポロビールのCMにも出演している。「コロナ禍でいろんなコトが変わってしまった現代にあって、地球・大自然を考え直すキッカケになれば」と“世界を知る男”生島は目を輝かせていた。
カテゴリ