のん、初の長編監督作『Ribbon』上海国際映画祭で堂々ワールドプレミア ビデオメッセージ公開

のん、初の長編監督作『Ribbon』上海国際映画祭で堂々ワールドプレミア ビデオメッセージ公開

 のんが脚本・監督・主演を務める映画『Ribbon』(2022年公開)が、『第24回上海国際映画祭』GALA部門特別招待作品として、現地時間12日にワールドプレミア上映された。6月12日、17日、18日、計3回の上映チケットは発売後わずか5分で即完売したそうで、アジアにも多くのファンを持つ、のんへの注目度の高さがうかがえる。



【動画】現地で上映されたのん監督ビデオメッセージ



 同映画祭では、世界中から集まった500作品前後の映画が上映される中で、GALA部門に選出されるのはわずか数作品。栄誉ある部門での上映ではあるが、残念ながら現地入りはかなわず。代わりに、本編上映前にはのん監督からのビデオメッセージが流し、スピーチ冒頭では流暢な中国語も披露。感謝の言葉と本作に込めた思いを丁寧に語っている。このビデオメッセージはYou Tubeで見ることができる。



 現地の様子は、主人公の感情の流れをカラフルなリボンの動きで表す特撮表現に驚く観客が多かったようで、コミカルなシーンでは笑いが起きるひと幕も。上映後、のんが本作に込めた熱量をいち早く受け取った上海の客席からは拍手喝采が送られた。



 なお、GALA部門への選出理由について、同映画祭では「役者から監督になったのん監督のように、清々しい和の映像美が満載。この作品は、コロナ禍によって、生活の変化を余儀なくされた若者達の人生の軌跡、そして人間関係を、1つ1つ丁寧に描いている。コロナ渦を描く作品だからといって、決して重いテーマではなく、若い女性監督ならではの視点から、少女の魅力と明るい青春が見事に表現されている。Ribbonは主人公の“作品”の一部であり、青春の一部でもある。Ribbonにより、作品の雰囲気は全体的に親しみがあり、やさしいものになる。だから、例え世界がどんなに悪くなったとしても、若者はあきらめない。ちょっとした論争、ささやかな反発、小さな励まし……これらはすべて若者をいい方向へ導くこと間違いない」と、コメントを出している。



■のん監督ビデオメッセージ(全文)



 ゲストの皆様、観客の皆様、こんにちは。のんです。わたしの初の劇場長編映画監督作『Ribbon』を『第24回上海国際映画祭』GALAセレクションへご招待いただき、ありがとうございます。この上映が、映画『Ribbon』にとってのワールドプレミアとなります。そして、この会場にいる皆様に世界で初めてこの映画をご覧いただけることを本当に光栄に思います。



 2020年は、コロナで世界中が大変な状況になりました。コロナによって、世界中で映画や音楽ライブ、演劇、アート展などといったさまざまなエンターテインメントが不要不急とされ、中止になりました。まるで、エンターテインメントが「生きる上で必要のないもの」と いう認定をされてしまったような状況でした。



 でも、コロナがあったからこそ、わたしは改めて人には映画やアートなどのエンタメが必要なんだと実感しました。わたし自身も、これまで見てきた映画やアートで自分が形成されているという風に感じています。



 昨年、美術大学の学生の方の卒業制作展も中止になりました。1年もかけて制作したアート作品が展示できなくな ってしまって「自分の作品がまるでゴミのように思えてしまった」というインタビューを見て衝撃を受けました 。特に学生の皆さん は卒業制作展という一生に一度のチャンスをなくしてしまいました。これがこの映画をつくろうと決意した理由です。



 映画『Ribbon』を見て、アフターコロナのエンターテインメントの重要性を再

確認してもらえたらうれしいと思います。ぜひ、楽しんでご覧いただければと思います。 ありがとうございます。



※中国語の箇所は日本語訳

カテゴリ