ヤマザキマリ、『テルマエ・ロマエ』新アニメシリーズ「かっこいい」

ヤマザキマリ、『テルマエ・ロマエ』新アニメシリーズ「かっこいい」

 アニメに特化した映画祭の中で世界最大として知られる『アヌシー国際アニメーション映画祭』が、フランス・アヌシーで開催中(6月14日~20日)。現地時間15日には、Netflixが最新作を紹介する「Netflixアニメ スタジオフォーカス・パネル」がオンラインで行われた。



【画像】ヴェールを脱いだCLAMPとのプロジェクトなどほかの作品



 アニメシリーズ『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』からは原作者のヤマザキマリが参加。『オランピア・キュクロス』やエッセイなど漫画・文筆家として活躍するヤマザキによる傑作漫画『テルマエ・ロマエ』は、古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスがひょんなことから現代日本にタイムスリップしてしまい、日本の風呂文化を学んでいくコメディ。今回の新作アニメシリーズは、ヤマザキによる前日譚を含む描きおろしエピソードなど、新たなチャレンジを盛り込んだ意欲作となる。



 このたび、監督をテレビアニメや映画などさまざまなメディアでのアニメーション表現に挑戦する映像作家・畳谷哲也が務めることを発表。脚本は『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- Rhyme Anima』などの人気作品で話題の脚本家・百瀬祐一郎を起用することも明らかにした。アニメーション制作は、既報のとおり『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』を手がけたNAZが担当する。



 Netflixとパートナーシップを結んで最初のオファーが本作だったことについてヤマザキは「いま時代を先駆けるネットフリックスから『テルマエ・ロマエ』の企画オファーは興味深かったです。漫画は出版の限界がありますが、アニメ化しいろいろな国に配信されることで、古代ローマと現代をつなぐお話を(より多くの方に)伝えられるので光栄に思いました」と、語っていた。



 この日は、ティザーアートとロゴが解禁され、それを見たヤマザキは「かっこいいですね、色の塩梅(あんばい)も素敵。どの時代でも使えますね。見た瞬間にかっこいいなと思いました。ノヴァエにふさわしい」と絶賛。「新しくアニメ化するというお話に、チャレンジ精神を焚き付けられましたし、自分も楽しんで観てみたい」と作品の完成に期待を寄せた。



 「Netflixアニメ スタジオフォーカス・パネル」ではほかに、CLAMPがキャラクターデザインを担い、Netflixと初のタッグを組むアニメシリーズ「グリム」プロジェクトの発表、マーク・ミラー原作、ボンズ制作のアニメシリーズ『スーパー・クルックス』のスタッフ、Netflixシリーズ『ウィッチャー』以前の時代を描き、世界をさらに拡大していくアニメ映画『ウィッチャー 狼の悪夢』のストーリーが解禁された。



 クリエイターとのパートナーシップや制作会社との包括的業務提携などを経て、作り手とのよりダイレクトなコミュニケーションを強化した環境下で制作を行うNetflixアニメの新作たち。原作ものから完全新作、実写版からのアニメ化による世界拡張と、さまざまなジャンルの作品群をそろえたネトフリアニメは、今後さらに注目を集めそうだ。
カテゴリ