CLAMP、Netflixとの初プロジェクト発表 WIT STUDIOとグリム童話を大胆にアニメ化

CLAMP、Netflixとの初プロジェクト発表 WIT STUDIOとグリム童話を大胆にアニメ化

 アニメに特化した映画祭の中で世界最大として知られる『アヌシー国際アニメーション映画祭』が、フランス・アヌシーで開催中(6月14日~20日)。現地時間15日には、Netflixが最新作を紹介する「Netflixアニメ スタジオフォーカス・パネル」がオンラインで行われ、この場で、昨年のパートナーシップ発表以降、いったいどんな作品が作られるのかと注目を浴びていたCLAMPとのプロジェクトが発表された。



【画像】『テルマエ・ロマエ』の新シリーズなどほかの作品



 『カードキャプターさくら』『魔法騎士レイアース』などで国内外を問わず熱いファンを持つCLAMPがキャラクターデザインを担い、Netflixと初のタッグを組む、アニメシリーズ「グリム」プロジェクト(タイトル未定)を発表。あの著名なグリム兄弟の童話を元に、新たなアプローチでホラーとサスペンスの要素を大胆に織り交ぜた完全新作のアニメ作品を創作する。



 脚本には『機動警察パトレイバー』『若おかみは小学生』といった幅広いジャンルで活躍する横手美智子が参加。『GREAT PRETENDER』をはじめさまざまなタイトルで世界的に注目されているWIT STUDIOがアニメーション制作を担当する。



 本作への参加について、CLAMPは「『グリム童話』への新しい挑戦となる本作品のキャラクター原案に、私たちCLAMPを選んで頂いて本当に光栄です。そして、一アニメファンとしても、この物語がどんな驚きと新しい感情を与えてくれるのか楽しみでなりません」とコメントを寄せた。



 完成したばかりのCLAMP自らが手がけたティザーアートも解禁。華麗な衣装を身に纏った3人のキャラクターが誘う世界はいったい!? 美しく幻想的なビジュアルに早くも期待が高まる。



 「Netflixアニメ スタジオフォーカス・パネル」ではほかに、ヤマザキマリ原作の『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』のティザーアートの解禁、マーク・ミラー原作、ボンズ制作のアニメシリーズ『スーパー・クルックス』のスタッフ発表、Netflixシリーズ『ウィッチャー』以前の時代を描き、世界をさらに拡大していくアニメ映画『ウィッチャー 狼の悪夢』のストーリーが解禁された。



 クリエイターとのパートナーシップや制作会社との包括的業務提携などを経て、作り手とのよりダイレクトなコミュニケーションを強化した環境下で制作を行うNetflixアニメの新作たち。原作ものから完全新作、実写版からのアニメ化による世界拡張と、さまざまなジャンルの作品群をそろえたネトフリアニメは、今後さらに注目を集めそうだ。
カテゴリ