それって逆効果かも…彼の態度がそっけない時にしない方が良いこと

それって逆効果かも…彼の態度がそっけない時にしない方が良いこと

交際中に「もしかして、彼の気持ちが冷めてる?」と感じると、不安になりますよね。


でも、そこで焦って追いかけすぎてしまうと逆効果になってしまうことが多いです。


彼の態度がそっけなくなってきた気がする……と感じているときにしないほうが良いことを3つご紹介します。



 


無理に作り笑顔で接すること


「彼からのデートの誘いが減り、最近は私から誘うパターンに。それでも会えたときは一所懸命笑顔で接していたんです。

でも次第にそれも辛くて、不安が募りすぎて彼に『本当は別れたいと思ってる?』と泣きながら詰め寄ってしまい、振られてしまいました」(24歳女性/ネイリスト)


本当は寂しい気持ちでいっぱいなのに、必死で作り笑顔をしてもその違和感はどうしても彼に伝わってしまうもの。


それでは彼も一緒にいて居心地が悪くなってしまいます。


彼も迷っている状況かもしれないときは、焦って作り笑顔で仲良くするよりも、まずは自分の気持ちを落ちつかせる方が結果的に良い方向にいくことが多いですよ。


 


気持ちを確認するLINEを送ること


「付き合う前にくらべてLINEの返信が遅くなり、スルーされることも増えてきたときに気持ちが止められず『もう冷めたの?』と送ってしまったんです。

そしたらそれも既読スルーで、怖くなって自分からブロックしてしまいました」(20歳女性/大学生)


女性のほうから「冷めた?」「別れたいの?」のLINEを送るときは、彼に「そんなことないよ」と言って欲しい気持ちが背後にありますよね。


だからこそ言われたほうは「重いなあ」と感じてよけいに返信できなくなってしまうもの。気持ちを聞くならLINEではなく対面にしましょう。


 


冷たくやり返すこと


冷たくやり返すこと


「彼から愛情を感じなくなった気がして、友達に相談したら『追わないでこっちも興味ないフリした方がいい』とアドバイスされたので、わざとデートを断ったりLINEの返信を遅くしていたんです。

結果、よけいに関係が悪化しました」(26歳女性/会社員)


彼の気持ちが冷めているときにグイグイいくと逃げられる可能性が高いのは事実ですが、こちらもツンケンした態度をとったら関係が良くなるというものでもありません。


ただ彼が忙しくて余裕がない場合などもあるので、まずはしっかり彼の様子を観察してみてから動きましょう。


 


怖がりすぎないことが大事


愛情に不安を感じたとき、「絶対に振られたくない!」という思いが強すぎると、彼に対しての態度もぎこちないものになってしまいます。


まずは自分が何に怖がっているのかをしっかり見てみると、意外と冷静になれるものです。


「別れても、もっと良い人に出会えるはず」と思うことができれば、彼の態度に振りまわされることが圧倒的に減りますよ。


(上岡史奈/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ