GENERATIONS『昨日より赤く明日より青く』スペシャル特報解禁

GENERATIONS『昨日より赤く明日より青く』スペシャル特報解禁

 GENERATIONS from EXILE TRIBE のメンバーが参加する、短編映画集『昨日より赤く明日より青く- CINEMA FIGHTERS project』(秋公開)のスペシャル特報が解禁された。この特報は、先日行われたGENERATIONSの単独ライブ「GENERATIONS LIVE×OFFLINE “Loading...”」の会場限定で先行解禁されたもの。本編映像と主題歌楽曲が初公開され、ファンの間で大きな話題となっていた。スペシャル特報とあわせて、1作品ごとのミュージックトレーラー(全6作)も公開された。



【動画】『昨日より赤く明日より青く』スペシャル特報



 昨年9月に実施された、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2020』のアワードセレモニーで発表された本作は、EXILE HIRO、SSFF & ASIA代表で俳優の別所哲也、作詞家・小竹正人の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクトの第4弾作品。今回はそれぞれの主題歌からインスパイアされ生み出された6作の物語に、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーが主演、主題歌を担当するなど全員が参加しており、監督それぞれの個性あふれる物語となっている。



 スペシャル特報はまず、新城毅彦監督×関口メンディー作品「真夜中のひとりたち」から、数原龍友(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が歌う主題歌「笑うしかないトラジディー」で始まる。数原の美しい歌声に載せ、関口メンディーと阿部純子が人通りの少ない夜道を肩を並べ歩き、そしてそっと抱き合うシーンが。阿部が「あったかいけど、孤独やな…」とただのハッピーな恋愛ではないことを思わせる切ない映像となっている。



 続いて、山下敦弘監督×白濱亜嵐作品「言えない二人」から、DEEP SQUADの「そんなことキミに言えない」。こちらは一変して爽やかで軽やかな楽曲にのせ、白濱と門脇麦という仲良しだけどカップルではないらしい二人が映し出される。「どうして彼女作らないの」という門脇の無邪気な質問と、白濱の彼女を見つめる瞳には、さまざまな思いが含まれているのが感じ取れる。



 森義隆監督×中務裕太作品「怪談 満月蛤坂」から、伶の「散る散る満ちる」。伶の透き通るような歌声と、どこか和を思わせるメロディーに載せ、板前として華麗にアンコウをさばく中務。筒井真理子扮する女将曰く、中務には“たみ”という仲居の幽霊が憑いているという。やがて中務は妊婦のように大きなお腹に! 果たして彼の運命は!?



 久保茂昭監督×小森隼作品「水のない海」から、iScreamの「愛だけは…」。デリバリー配達員の小森と、絵描きを目指すルナ。他人との関わりを避けてきた彼を、彼女との出会いが変えていく。その様子をiScreamの力強いボーカルが鮮やかに包み込む。



 SABU監督×佐野玲於作品「BLUE BIRD」から、KAZUKI(DOBERMAN INFINITY)の「あおいとり」。美しい映像と、エモーショナルな楽曲が仲の良い兄弟二人の時間と、そしてふたりに起こるであろう悲劇を思わせる。



 最後に、真利子哲也監督×片寄涼太作品「COYOTE」から、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)の「サクライロ」。初挑戦となった片寄の英語のせりふも垣間見え、コロナ禍でのすれ違いを片寄の甘い歌声が優しく彩る。



 以上、6作品それぞれの楽曲と本編映像が一度に解禁となった豪華仕様となっている。各ミュージックトレーラーも、見ごたえのあるそれぞれの物語に期待が高まる内容となっている。



 そして今回、片寄が歌う「サクライロ」は、2012年に斎藤工が歌唱していた楽曲のカバー。この楽曲は、3.11の震災復興に向けたプロジェクトの一環の一つとして創り出された作品。今回時を経て、新型コロナウイルスの感染拡大という世界的有事の中で生まれた作品「COYOTE」の主題歌として、改めて世に出ることになる。片寄の歌う「サクライロ」と斎藤がタッグを組んだ新たな取り組みもあり、詳細は後日発表予定。



■6作品の各ミュージックトレーラーが見られる公式YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCsht3aMCewt7lmsDka-3AnA

カテゴリ