【YouTubeチャート】米津玄師、ドラマ『リコカツ』書下ろし主題歌が2位初登場

【YouTubeチャート】米津玄師、ドラマ『リコカツ』書下ろし主題歌が2位初登場

 今週(2021. 6/4~6/10)のYouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は、前週比4.8%減となった。TOP100内初登場は14作、前週よりも視聴回数が伸長したのは15作となっており、全体の約7割の視聴回数が減少している。



【動画】淡く青い世界で菅原小春共演、米津玄師「Pale Blue」MV



 3週連続1位を独走しているのはBTS「Butter」(視聴回数1937.3万回)。先週よりも27.2%減となっているが、依然として高い視聴回数をキープしている。



 2位に初登場したのは、米津玄師「Pale Blue」(同970.3万回)。TBS系金曜ドラマ『リコカツ』に書下ろした楽曲で、ファルセットでいきなり歌が始まるという、印象的なラブソングとなっている。6月4日にミュージックビデオ(MV)が公開され、1週間も経たないうちに1000万回を突破したことでも話題を集めた。本作の監督を務めたのは、「Lemon」「馬と鹿」「カムパネルラ」を手掛けた映像作家の山田智和氏。また「パプリカ」の振り付けなどを務めた菅原小春が出演している。6月16日には、11枚目のCDシングル「Pale Blue」をリリース。同曲のほか、日本テレビ系「news zero」テーマ曲の「ゆめうつつ」、そして落語の演目をモチーフにした「死神」の3曲が収録される。



 6位に初登場したのは、TWICEの新作「Alcohol-Free」(同299.3万回)。ラテンテイストのメロディーが耳に心地よい、ロマンチックなサマーソングだ。6月11日には、同曲も収録したミニアルバム『Taste of love』をリリース。次週以降の動きにも期待がかかる。



 15位にはSnow Manの新曲「HELLO HELLO」(同244.6万回)が初登場。同曲は、7月にリリースされる4thシングルの表題曲で、メンバーのラウールの主演映画『ハニーレモンソーダ』(7月9日公開)の主題歌になっている。映画の世界観にもぴたりとハマる「胸キュン」「甘ずっぱさ」「刺激」が感じられるような曲調で、Snow Man初のポップなラブソングに仕上がっている。ビタミンカラーを基調としたMVでは、メンバーの姿がアニメーションで描かれる演出が随所に散りばめられている。サビの振り付けも含めて要注目だ。



 30位(先週40位)に急上昇したのは、STUTS & 松たか子 with 3exes の「Presence I (feat. KID FRESINO)」(同134.3万回)。カンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』主題歌だ。坂元裕二脚本のロマンチック・コメディ、軽妙かつユーモラスな会話劇と巧みなストーリーテリングに加え、毎回、同曲の流れるエンディング映像も変わることでも話題を集めている。6月23日には、これまでエンディングでオンエアされたSTUTS & 松たか子 with 3exesによる主題歌5曲、10曲を収録したCDが発売されることも決まっている。メイン・ボーカルの松たか子をはじめ、3exes(=3人の元夫)の岡田将生、角田晃広、松田龍平も、コーラスやラップに挑戦しており、同作のファンからの熱い視線が注がれている。

カテゴリ