Koki,、ホラー映画で女優デビュー「素晴らしい機会を与えて頂けた事に本当に感謝」清水崇監督も期待

Koki,、ホラー映画で女優デビュー「素晴らしい機会を与えて頂けた事に本当に感謝」清水崇監督も期待

 木村拓哉と工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(18)が、ホラー映画『呪怨』などを手掛けた清水崇監督がメガホンを取る『牛首村(うしくびむら)』(公開日未定)で、女優デビューすることが決定した。「この様な素晴らしい機会を与えて頂けた事に本当に感謝しています。いただいた役と向き合いながら、清水監督からの言葉をしっかり聞き、一生懸命頑張りたいと思います」と演技への意気込みを語った。



【写真】『牛首村』3パターンのイメージビジュアルも公開



 同作は、2020年2月に公開されヒットを記録した『犬鳴村』、21年2月に公開された『樹海村』に続く「恐怖の村」シリーズの第3弾。『樹海村』の舞台“富士の樹海”には、都市伝説やシンボル的な心霊スポットがなかったという反省を生かし、新作は北陸に実在する最凶の心霊スポットが舞台となる。



 清水監督はKoki,について「ミステリアスな存在感と物怖じしない物腰、時折垣間見える負けん気に大きな魅力を感じています。初めての映画にホラーを選んでもらえたことにも、日本の通常の芸能活動の枠を超えた度量と野心を感じ、一緒にチャレンジすることが、今からとても楽しみです!」と大きな期待を寄せる。



 物語については「今回も実在する地を拠点にしつつ、あえて実態不明の怪談『牛の首』に焦点を当て、えぐろうと思います」と意欲。タイトル決定に合わせて、不穏な雰囲気が漂う3種類のイメージビジュアルも公開された。
カテゴリ