Koki,モデルから女優へ 役に向き合い「一生懸命頑張りたい」

Koki,モデルから女優へ 役に向き合い「一生懸命頑張りたい」

 木村拓哉と工藤静香夫妻の次女でモデルのKoki,(18)が16日、自身のインスタグラムを更新。ホラー映画『呪怨』などを手掛けた清水崇監督がメガホンを取る『牛首村(うしくびむら)』(公開日未定)で、女優デビューすることを報告した。



【写真】「一生懸命頑張りたい」Koki,インスタで報告



 Koki,は、2018年5月28日発売のファッション誌『ELLE JAPON』7月号(エル・ジャポン/ハースト婦人画報社)で表紙を飾りモデルデビュー。ピュアな魅力と凛とした意志の強さ…その両方をたたえた強いまなざしが印象的で、ニュースとして取り上げられると、すぐに話題となり、ネット上では“どっち似”などの議論が交わされるほどとなった。



 その後、大塚製薬のブランド飲料『ボディメンテ ドリンク』初のTVCM出演。18年8月には日本初、および世界最年少の『ブルガリ』アンバサダーに就任。18年11月にはファッションメディア「ELLE」が独自の視点で選出する『エル シネマアワード2018』の「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞する。



 ファッション誌のほかにも美容誌やメンズ誌などカバーを飾り、今年1月には、ファッションブランド『COACH』のグローバル広告キャンペーンのモデルに起用。続く3月には、『エスティ ローダー』の最新グローバルスポークスモデルとして契約するなど活躍する。



 このほど、モデルから女優デビューするKoki,はインスタを通じて「この度、清水崇監督の村シリーズ第三弾となる『牛首村』に出演させて頂くことになりました」と改めて報告。「この様な素晴らしい機会を与えて頂けた事に本当に感謝しています。いただいた役と向き合いながら、清水監督からの言葉をしっかり聞き、一生懸命頑張りたいと思います」と力を込めている。



 同作は、2020年2月に公開されヒットを記録した『犬鳴村』、21年2月に公開された『樹海村』に続く「恐怖の村」シリーズの第3弾。『樹海村』の舞台“富士の樹海”には、都市伝説やシンボル的な心霊スポットがなかったという反省を生かし、新作は北陸に実在する最凶の心霊スポットが舞台となる。
カテゴリ