マンネリ防止に!彼の「嫉妬心」を自然に煽る方法3つ

マンネリ防止に!彼の「嫉妬心」を自然に煽る方法3つ

正直なところ、男性は基本的に飽き性な生き物です。


狙った女性を手に入れるまでは、あの手この手を使って口説いてくるものの、手に入れてしまった瞬間に満足してしまって、一気に手を抜きがちに。


これからが本番なのに、付き合う前後で全然態度が違うと思ったことがある人も多いのではないでしょうか。


でもこれは、男性特有の性質なのかも。付き合ってからも男性に手を抜かれないためには、女性側の努力が肝心です。


そのひとつのテクニックが、「男性に嫉妬させること」。今回は「彼の嫉妬心を自然に煽る方法」をご紹介します。




効果的な嫉妬のさせ方


男性の嫉妬心を焚きつけるための、基本となる考え方からいきましょう。


男性は、女性が常に自分の手の中にいると飽きてしまいますし、調子に乗ります。


なので「ほうっておいたら誰かにとられますよ」という雰囲気を、ライトかつ間接的に伝えることが重要です。


そして嫉妬させながらも、一方で彼の言う通りになる従順な部分も見せましょう。


嫉妬させてばかりだと、男性も我慢の限界で嫌気がさしてくるかも。バランスが大事なのです。


彼の知っている身近な人物を褒める


「○○くんカッコいいよね」と彼以外の男性をわざと褒めることで、彼の嫉妬心に火をつけられます。


ただ大事なポイントがひとつ。それは「芸能人はあまり効果がない」ということです。


なぜなら、あまりにも遠い存在すぎて、男性も絶対に勝てないと思ってそもそもあまり嫉妬しないからです。


一番いいのは、彼も知っている共通の友人や知人でしょう。


知っている人間には、どこかしら自分のほうが男性として魅力があるという対抗意識を持っているはず。そのため、嫉妬心に火がつきやすいのです。



急な連絡の全部にはOKしない


突然「いまから会おう」なんて言われて、会いに行く女性もいますよね。


事前に、いつ会おうと計画されているものなら問題ないのですが、自分の都合で突然呼び出しをかける男性と毎回会っていたら、都合のいい女性になってしまう可能性があります。


なので、2回に1回は「無理です」と断るくらいの勇気を持ちましょう。


そうすることで自分の思い通りにはならないという事実を感じ、男性の嫉妬心に火がつくでしょう。


ただ既読スルーしたり連絡してもまったく繋がらなかったり、折り返しもしないなど、やり過ぎはよくありません。


ここまでやり過ぎると信用がなくなりますから、そこはほどほどに。


男友達が多いアピールをしておく


彼に刷り込んでおいた方がいいのは、「自分には男友達が多い」という情報。


暗に「あなたと別れても、次の彼氏候補となる男性がいますよ」という、いい意味でのプレッシャーをかけておくのです。


もしあなたとケンカしたとしたら、その男友達に相談しているかもしれないと想像させることができます。


恋愛相談をしているうちに恋に落ちる、というシチュエーションもよく聞く話。男性としては、気が気ではありません。


彼を嫉妬心で刺激して!


彼とのラブラブ鮮度を保つためには「嫉妬心を焚きつける」という一種のショック療法は必要かもしれません。


大事なのは、それを直接的に大きなショックで与える方法ではなく、いかに自然に間接的に彼に感じてもらえるか。


今回のコラムを参考に、自分なりの方法を研究してみてください。


(TETUYA/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ