『たまごっち』25周年最新機種が11・23発売 スマートウォッチ化&タッチ液晶を採用

『たまごっち』25周年最新機種が11・23発売 スマートウォッチ化&タッチ液晶を採用

 1996年の発売開始から25周年を迎える携帯型育成玩具『たまごっち』。シリーズ最新機種となる『Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)』が11月23日に発売されることが17日、発表された。「スマートなたまごっち」をコンセプトに、時代に合わせた新機能を搭載し、スマートウォッチのように身に着けられるウェアラブル型と、タッチ液晶を採用した。



【動画】NiziUがトランポリンに挑戦したティザー映像&メイキングも



 『たまごっち』は、発売から約2年半で、全世界にて累計約4000万個を販売し、社会現象となるほどのブームを巻き起こした。その後、2004年に『かえってきた!たまごっちプラス』を発売し、赤外線通信機能による通信遊びが話題に。「たまごっちプラスシリーズ」以降、全世界で累計約4300万個以上を販売し、1996年からこれまでに累計8300万個以上を販売した。



 最新機種発売に先駆け、バンダイナムコグループの公式通販サイト「プレミアムバンダイ」にてきょう17日~7月2日まで『Tamagotchi Smart 25thアニバーサリーセット』の

先行抽選販売が実施される。



 また、9人組ガールズグループ・NiziUが本商品のスペシャルサポーターに就任。タイアップ動画が順次公開される。



■『Tamagotchi Smart』4つの進化ポイント



進化1:あなたに懐くたまごっち

お世話をすればするほどたまごっちが懐いてくれて、会話が増えたり、あなたの好みを覚える。あまり懐いていないと会話や態度に距離を感じることがあるかもしれません。



進化2:タッチとマイクで触れ合える

タッチ液晶でたまごっちの頭を撫でて喜ばせたり、マイク機能で声をかけて反応を楽しんだり、より直接的なコミュニケーションをとれる。



進化3:ウェアラブル型でいつでも一緒

スマートウォッチのように身に着けられる形状を採用し、ウェアラブル型ならではの遊びも搭載している。



進化4:「たまスマカード」であなた好みのスタイルに

本商品の連動アイテム「たまスマカード」(11月23日発売、1100円税別)を本体に挿入すると、育てられるたまごっちやカスタマイズ用のさまざまなアイテムを本体内にダウンロードすることができる。多種多様なテーマでシリーズとして継続的に展開予定。



■『Tamagotchi Smart(たまごっちスマート)』の概要

発売日:2021年11月23日(火・祝)

価格:6380 円(+税)

種類:全2色(コーラルピンク/ミントブルー)

サイズ:【本体】W 約55ミリ×H 約65ミリ×D 約20ミリ(本体部分)※ベルトサイズは約12.5センチ~18.5センチ に対応、【パッケージ】W 約120ミリ×H 約110ミリ×D 約70ミリ

電池:リチウムイオン電池(充電式)

販売ルート:全国の玩具店、百貨店・家電店・量販店の玩具売り場、オンラインショップなど

カテゴリ