イケメンなのになんで…?競争率が低い男性の特徴とは

イケメンなのになんで…?競争率が低い男性の特徴とは

人生のうちで、一度だけでもいいからイケメンと付き合ってみたい……。


そう願う女性も多いのではないでしょうか。


でもイケメンだからといって、全員がモテモテなわけではないようです。


今回は、かっこいいのに、競争率が低い男性の特徴をご紹介します。



いつも同性と一緒にいる


「いつも同性とばかりいる職場のイケメン先輩に思い切って話しかけてみた。最初はぎこちなかったけれど、だんだん打ち解けられるようになりました」(25歳/営業事務)


同性とばかりつるんでいるイケメンは「女なんて面倒くさい」、もしくは「女性は苦手」と考えている場合が多いよう。


つまりどちらにしても近寄りがたい雰囲気が出てしまっているため、どんなにイケメンでも女性は敬遠しがちに。


そうなると必然的に「ライバルは減る=競争率は低い」ということになります。


この場合は彼に警戒心を持たれぬよう、まずは彼が信頼している男友達から接触してみると良いかもしれませんね。


話が面白くない


「フツメンの面白い彼と付き合った後に、イケメン彼氏をゲット。でも会話がつまらなすぎて、元カレのほうが良かったと思ってしまった……」(27歳/住宅)


よく「女性にモテたかったからお笑い芸人になった」なんて話をテレビで聞きますよね。


現実でもルックスに自信がない男性ほど、トーク力やサービス精神を磨くもの。


一方、言いかたは悪いですが顔だけでチヤホヤされてきた男性って、中身はそれほど面白くなかったりするんですよね。


そのため付き合っても「なんか違ったかも……」と長続きしない場合が多いもの。


結果イケメンだけど意外と競争率が低いことがあるようです。


イケメンを自覚している


「ガラス越しに前髪を直すような男性は、どんなにイケメンでも嫌がられがちだよね。それでも私はカッコいい人が好きなので気にしないですけど!」(29歳/通信)


こちらはいわゆる「ナルシスト」タイプ。


本当にイケメンなのですからナルシストでも問題ないのですが、やっぱり一緒にいるうちにイライラしてきてしまうかも。


またあまりにも自分に自信がある彼を見ていると、「恋愛対象というより男友達って感じかな……」と思ってしまう女性も少なくないようです。


デート中にちょいちょい自慢や高飛車発言が飛び出てくることもあるかもしれませんが、競争率が低いのでイケメン好きな女性には狙い目だと思いますよ。


顔だけで選んで大丈夫…?


もちろんイケメンと付き合ったからといって、幸せになれるとは限りません。


むしろ顔で選んでしまったがために、すぐに破局してしまう可能性もあります。


それでも「インスタ映えもしそうだし、どうしてもイケメンと付き合ってみたい!」と思っている人がいたら、これらのタイプの男性にアプローチしてみてはいかがでしょうか。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)


●誠実そうに見えてじつは遊び人?「隠れダメ男」の特徴



カテゴリ