見逃しそう…奥手な男性からの「お誘いサイン」とは

見逃しそう…奥手な男性からの「お誘いサイン」とは

奥手な男性が一生懸命送っているお誘いサイン、女性は見逃していることも多いって本当でしょうか?


勇気を出してお誘いしている彼らの気持ちに答えてあげるのは、いい女のマナーかもしれません。


そこで今回は、奥手な男性からの「お誘いサイン」をご紹介します。




やたらと疲れてないか聞いてくる


「彼女が『疲れた』って言ってくれたら、『じゃあ、どこかで休もうか』ってカフェとかで休憩できると思って。


あと、『どこか行きたいところある?』って聞いたときに、彼女が『2人きりになりたいところ』って言ってくれたらいいなぁ」(27歳/会社員)


「疲れてない?」「どこか行きたいところない?」と聞くことで、あわよくば彼女の方から誘ってほしい、と思うのが奥手な男性。


もしデートの最中に、彼が「どこ行きたい?」なんて聞いてきたら、彼の目をじっと見つめて「あなたの行きたいところ」と返答してあげるのはいかがですか?


人がいないところを選んで歩く


「自分からなかなかいいムードに持っていけないけど、ひとけのないところに行けばなんとか察してもらえるんじゃないかなと思って……。


でも、そこから次に進むのに勇気がなかなか出なくて。あわよくば彼女からキスしてきてくれたり抱きついてくれたりしたらありがたいんだけど」(26歳/書店員)


奥手な男性は、最後のひと押しまで持っていけない……というタイプがほとんど。


せいぜい2人きりになれそうな場所に行くのが精いっぱい。


もし、奥手な彼がひとけのなさそうなところばかり連れていったら、それは2人の仲を進展させたいサイン。


そっと彼に寄り添ってみてあげて。



もしもの話をする


「直接的に誘って断られたらイヤだから、もしもの話で相手の反応を確かめます。『もしも僕が、どこか行こうっていったらOKしてくれる?』とか。


もしも、って仮定したら、たとえ答えがNOでも『やだ、なに言ってんの?』とかライトな断り方してくれそうでしょ」(25歳/メーカー勤務)


とにかく傷つくのが怖いのが奥手な男性。


彼女を誘うにしても予防線を張りたがります。


「もしもなんだけど……」と彼が話してきたときは、決して「もしも」なんかじゃありません。


あなたも彼と同じ気持ちなら、ニッコリ笑って「OKだよ」と答えてあげてくださいね。


彼らのサインを見逃さないで


「男らしくないなぁ」なんて思わないであげて。


彼らにとっては精いっぱいの勇気を振り絞った結果なんです。


彼らのわかりにくいサイン、どうかスルーせずにしっかりと受け止めてあげてくださいね。


(愛カツ編集部)


●男性が「誘いやすい」と感じる女性に共通することって?



カテゴリ