北川景子が語る 共働き夫婦のリアル「自己嫌悪に陥るときがありました」

北川景子が語る 共働き夫婦のリアル「自己嫌悪に陥るときがありました」

 女優・北川景子(34)が主演を務めるTBS系ドラマ『リコカツ』(毎週金曜 後10:00)の最終回が、きょう18日に放送される。2016年に歌手・DAIGO(43)と結婚し、昨年9月に第1子女児を出産した北川は、今作が連ドラ復帰作。このほど応じたインタビューで約4ヶ月間の撮影と本作に込めた思いを語った。



【場面カット】北川景子&永山瑛太が頭を寄せ合う…



 同ドラマは、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す「離婚するかもエンターテインメント」。北川と永山瑛太が、運命的な出会いをし、“交際ゼロ日婚”しながらも、早くも離婚を決意した夫婦の“離婚”からはじまるオリジナルラブストーリーを描く。



 劇中では描かれる離婚に至るまでのいさかいやすれ違いに「共感する部分はある?」と問われた北川は「自分自身、共働き夫婦でお互い仕事を持っています。お互い大事な仕事の時期が重なってしまったとき、夫が帰ってきたのに私がずっと仕事の電話をしているとか、夫が話したいときに自分が時間を取れない、とか。そういうことは共働きだとやっぱりあって、そのたびにもうちょっと夫と話し合う時間が取れたら、と思ったり、仕事にかかりっきりで向き合えていないよな、と自己嫌悪に陥るときがありました」と告白。



 仕事と家庭のバランスに悩むシーンについて「すごくリアルです」と語り「じゃあ、どちらかが仕事をやめて家庭に入る、というわけにもいかないというところは共感できますね。夫と誠実に向き合いたいんだけど、家族だから分かってくれるだろうみたいな感じで、家族に甘えがちになるといったところは、ちょっと気を付けようと演じながら思いました」と撮影時を振り返った。



 また、撮影中の育児に話題が及ぶと「今回、連続ドラマの主演をさせていただいて、この4ヶ月間、家を空ける時間が長かったので、育児は自分の親にも相手の親にも協力してもらいました」という。



 夫・DAIGOの全面協力もあり「全家族で何とか育児と家庭を回していったというか総出でやった感じだったので、このドラマが終わったらまず家族に『みんなのおかげでやれた。ありがとう』と言いたいな、とずっと思っていました。『負担かけてるな』『我慢させているよな』という4ヶ月だったので、感謝でいっぱいです」と笑顔を浮かべた。



 先週放送の第9話では、ついに咲と紘一が互いの気持ちを確かめ合い、きょう18日放送の最終回で2人がどんな結末を迎えるのか注目されている。北川は「9話の最後でお互いやり直す、一緒に歩んでいくために自分は変わる、私も変わる、といった2人が結局、本当に変われるのかというところが10話の見どころの一つ」と紹介している。
カテゴリ