最初の30秒が勝負!初対面で恋愛対象に入る方法とは

最初の30秒が勝負!初対面で恋愛対象に入る方法とは

多くの場合、男性はインスピレーションを信じるよう。


素敵な男性と出会ったとき、その後の関係をスムーズにするためにも、第一印象で「この子いいな」と思わせておくことが大切でしょう。


恋愛がうまくいくかは、出会って30秒間が勝負になるのです。




相手に対して質問する


「初対面で、質問されると『俺に興味を持ってくれてるんだな』と嬉しくなりますね。あんまり踏み込んだ質問されるのは困るけど(笑)」(29歳/システムエンジニア)


最初の30秒間で、「この子は自分に興味を持ってくれているんだな」と思わせることはとても大事。


相手は、あなたは自分を受けいれてくれる存在だと認識して、心を開きやすくなります。


さて、どうやってあなたが彼に興味を持っているか、ということを伝えるか?


それは「質問をすること」。


「○○さんは、どこから来られたんですか?」「すごくたくましいですね!なにかスポーツされているんですか?」など、質問をしてみましょう。


上手くいけば、そこから会話が盛り上がることも。


当たり前ですが「彼女いますか?」「年収は?」などのプライベート過ぎる質問はNG。


相手の名前を呼ぶ


「初対面って、たいてい『はじめまして』とか『よろしくお願いします』で終わるじゃないですか。


先日、取引先の会社に行ったときに担当の女性社員が『〇〇さん、こんにちは!』と名前を呼んでくれたんですよ。なんだか心がこもってる気がして……一気に恋に落ちました」(30歳/自動車メーカー)


最初の挨拶では必ず相手の名前を呼ぶこと。


「○○さん、はじめまして!」「○○さん、よろしくお願いします」など。


名前を呼ぶことによって、男性は「この子は俺の名前を認識してくれてるんだな」と嬉しくなるのです。


名前を呼ばれて嫌な気分になる人はまずいません。


最初の30秒間で、最低一回は相手の名前を呼ぶようにしましょう。



さりげなく一歩近づく


「初対面で挨拶をした後に、さりげなく近付いてきてくれる女性っているじゃないですか。あれって、すごく嬉しいんですよね」(28歳/銀行員)


彼に一歩近づく、これも最初の30秒間を有意義な時間にするための有効なテクニック。


座っている場合はイスを彼の方へ少し引く、立っているときは、彼の方に一歩踏み込む。


相手に近づくことによって、「あなたに好感をもっていますよ」というアピールをするのです。


これ、やられてイヤな男性はいないでしょう。


最初の30秒を大切に!


最初の30秒が運命を決める。


初対面で相手にあなたが恋愛対象である、と認識させること。


コレができる女性は、間違いなくモテるでしょう。


(愛カツ編集部)


●第一印象で、男性から「この子モテそう!」と思われる女性の特徴



カテゴリ