渋谷駅東口エリアに歩行者デッキ「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」が7月OPEN

渋谷駅東口エリアに歩行者デッキ「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」が7月OPEN


7月15日(木)、渋谷ヒカリエの北側、東京メトロ銀座線線路の上部に位置する歩行者デッキ「渋谷ヒカリエ ヒカリエデッキ」がオープンする。

宮益坂と並行して整備された歩行者デッキ



「ヒカリエデッキ」は、渋谷駅東西をつなぐ歩行者動線「スカイウェイ」の一部として先行してオープンするもの。渋谷ヒカリエの3・4階に面し、宮益坂と並行して整備された歩行者デッキだ。


このデッキを経由することで、渋谷駅から宮益坂上までスムーズに移動できるようになり、渋谷駅東口エリアの歩行者ネットワークが拡充され、回遊性・利便性が向上する。


また将来的には、「ヒカリエデッキ」から、「渋谷駅地区 駅街区開発計画(渋谷スクランブルスクエアなど)」にて整備を行う歩行者デッキおよび渋谷マークシティを経由することで、宮益坂上と道玄坂上を一度も地上に降りることなく移動できるようになる。

キッチンカーの出店やイベントスペースとしても!



また「ヒカリエデッキ」は、歩行者デッキとしての使用に限らず、キッチンカーの出店やイベントスペースとしての活用、ムービングライトによる光と音の演出により賑わいを創出する。

加えて、季節を感じられる植栽やベンチなどを整備し、まちに開かれた憩いの場としての機能も果たす。


さらに2021年秋頃には渋谷ヒカリエ側の大規模な壁面を使用したアート掲出が開始され、以降、さまざまなアーティストによるアート展開が予定されている。また、4階アーバン・コアに面した店舗区画にはコミュニティFM「渋谷のラジオ」のサテライトスタジオが入居する。

日々刻々と変貌を遂げる渋谷の街に注目だ。
カテゴリ