酒屋さんの中にカフェ?レトロモダンな川越「LEC COFFEE」は“絶対行きたいカフェリスト”に追加!


「小江戸」の愛称で親しまれる、埼玉県・川越市。都心からも1時間足らずでアクセスでき、日帰りの観光地としても人気を集めています。



蔵造りの建物の横にはルネサンス様式の建物が建っていたり、「江戸」「明治」「大正」と、様々な時代の建物がミックスされているのも魅力の1つなのだとか。



そんな川越に、「酒店」と「カフェ」がミックスされたお店があるのをご存知ですか?



「柳屋酒店」に併設されたカフェ「LEC COFFEE」が、今じわじわと人気を集めているんです!



LEC COFFEE @川越





@kyo_n178 / Instagram



「LEC COFFEE」があるのは、川越市志多町の、川越氷川神社からほど近い場所。



2020年11月に「柳屋酒店」がリニューアルオープンした際、新たに併設され、お店全体は「WILLOW HOUSE(ウィローハウス)」と名付けられたそうです。





@kyo_n178 / Instagram



お店の目印になりそうな「さかやさん」の看板には風情がたっぷり。



店内ではカフェメニューの飲食だけでなく、お酒を買うことももちろん可能ですよ。



レトロなメニューに惹かれる!








カフェでは、スタンダードな「アメリカーノ」「カフェラテ」のほか、オーツミルクを使った「オーツミルクラテ」なども展開されていますよ。値段はいずれも500円前後。



“固めプリン派”さんにぜひチェックして欲しいのが、川越の地卵で作られた「プリン」(税込400円〜)なんです。むちむちとした食感で、カラメルソースとの相性も抜群なのだとか。





@mgmg____zzz / Instagram



コーヒーがお好きなら、ぜひ数量限定の「エスプレッソプリン」を召し上がれ。カラメルソースだけでなく、チョコソースも仕込まれていて、甘さとほろ苦さの最高のマリアージュが感じられるはずです。



プリンの上のホイップクリームはなしでも注文できるそうなので、生クリームが苦手という方もご安心を。







さらに、“喫茶店といえば”な「メロンソーダ」(税込300円)もいただけますよ。



アイスクリームが乗ったこちらは「メロンクリームソーダフロート」(税込600円)。冷たいしゅわしゅわドリンクは、これからの季節にぴったりですね。



雰囲気たっぷりな店内







 



 


 




 






 




 


 


 




 


 




 


 


 





 


 



LEC(@lec_coffee)がシェアした投稿  






店内は、コンクリート打ちっぱなしの壁や、不揃いの椅子など、無機質でありながらどこか温かみを感じる雰囲気。



ガラス張りのため、自然光がたっぷりと差し込みます。





@pokopota / Instagram



天気の良い日は、テラスで過ごしてみてはいかがですか?



小江戸の風景を眺めながらおいしい食事を楽しめば、満足感たっぷりなひとときになりそうです。





@46nachi_pi / Instagram



帰る前に、入り口横の鏡を使った記念撮影を忘れずに。古きよき川越の街並みを背景に、おしゃれな写真が撮れるんです。



小江戸横丁を抜けた先にある「LEC COFFEE」。気になる方は対策をしっかりした上で、足を運んでみてくださいね。



LEC COFFEE

住所:埼玉県川越市志多町2-1

営業時間:11:00~18:00(L.O.17:45)※短縮営業中

Instagram:@lec_coffee




カテゴリ