関水渚、初始球式に「足がガクガク」 仲村トオルは“豪快スイング”披露

関水渚、初始球式に「足がガクガク」 仲村トオルは“豪快スイング”披露

 女優の関水渚、俳優の仲村トオルが18日、東京ドームで開催されたプロ野球「横浜DeNAベイスターズvs広島東洋カープ」戦の「セレモニアルピッチ」(始球式)に登場した。



【写真】豪快スイングを披露した仲村トオル 



 2人は、テレビ東京の水ドラ25『八月は夜のバッティングセンターで。(通称:ハチナイ)』(7月7日スタート 毎週水曜 深1:10~1:40)でW主演を務める。ピッチャーマウンドに立った関水は、ワンバウンドながらもキャッチャーまで届く好投を見せ、仲村も元野球部らしい力強いスイングを披露した。



 ドラマの原作は、2019年にアニメ化されたことでも知られる、人気アプリゲーム『八月のシンデレラナイン』。“ドラマ初主演”を飾る関水は女子高生・夏葉舞、仲村はバッティングセンターで悩める女性の相談を次々と解決する謎の人物・伊藤智弘をそれぞれ演じる。



■始球式後のコメント

<関水渚>

先程、私の人生初の始球式が終わりました。今までに体験したことのないほど緊張して足がガクガクしてしまったんですけど(笑)、仲村さんが「大丈夫だ」と言ってくださって…。それがすごく自信につながって始球式を楽しむことができました。貴重な経験をありがとうございました!



<仲村トオル>

本当に打ってしまわないかという不安を抱えながら打席に入りました(笑)。直前に関水さんに「ビールの看板に当てると、ビール1年分が当たるらしい」という話をしたら、「狙ってください」と言われて…もしかして当てにいってしまうかなと思いましたけど、ちゃんと空振りできてよかったです!
カテゴリ