月9『ナイト・ドクター』チームが『ネプリーグ』参戦 キンプリ岸優太が“珍解答”

月9『ナイト・ドクター』チームが『ネプリーグ』参戦 キンプリ岸優太が“珍解答”

 21日放送のフジテレビ系バラエティー『ネプリーグSP』(後7:00)では、月9ドラマ『ナイト・ドクター』チーム、売れっ子芸人チーム、フジテレビ新人アナウンサーチームが対決を行う。



【番組カット】売れっ子芸人チーム、フジ新人アナチームも登場



 月9『ナイト・ドクター』チームは、波瑠、田中圭、岸優太(King & Prince)、岡崎紗絵、北村匠海、EXIT(兼近大樹、りんたろー。)、売れっ子芸人チームは、大久保佳代子、陣内智則、見取り図(盛山晋太郎、リリー)、ゆりやんレトリィバァ、フジテレビ新人アナウンサーチームは、ネプチューン(名倉潤、原田泰造、堀内健)、小山内鈴奈アナ、小室瑛莉子アナ、竹俣紅アナ、山本賢太アナが参戦する。



 1stステージは、音楽のリズムに合わせて英語の和訳や画像問題をテンポよく答えるゲーム「ノンストップDJ」。『ナイト・ドクター』の主演を務める波瑠は、自身の常識力に少し不安を見せるも「田中圭さんがどうにかします!」とチームに信頼を寄せる。田中が「僕ほどの常識人見たことがない」と強気の姿勢を見せる中、北村は、今回のチームで不安なメンバーとして岸の名前をあげる。



 北村の不安が的中し、岸は「体の部位を見て名前を答えろ!」という問題でまさかの珍解答。ドラマで医師役を演じているだけに、チームメイトからもブーイングの嵐となる。フジ新人アナチームの小室は「元気に頑張ります!」と意気込むも、地理に関する常識問題で大パニックとなり、天の声をしている上司の佐野瑞樹アナウンサーも思わず謝罪する。



 2ndステージは、あらゆる分野から出題された問題にひとり1文字ずつ解答し、全員で5文字の答えを完成させるゲーム「ハイパーファイブリーグ」。『ナイト・ドクター』チームは、誰もが一度は書いたことがあるであろう英語の超常識問題で岡崎がやらかしてしまう。気を取り直して2回戦に挑むが、またも岡崎の解答が波紋を呼び、波瑠が「ここまでひどいか」と絶句する。



 3rdステージは、人気J-POPの歌詞の漢字を歌がくるまでに書く新ゲーム「カラ漢リーグ」。人気バンドDISH//のメンバーとしても活躍する北村は、J-POPに関するクイズにプレッシャーを感じるも「頑張ります!」と意気込みを見せる。中学の時に漢検2級を取ったという波瑠は少し不安を見せるも、お題で10代の頃に自身が出演したMV(ミュージックビデオ)の曲が流れ、なつかしむ一幕も見られる。



 4thステージは、さまざまなモノの割合を答えるゲーム「パーセントバルーン」。『ナイト・ドクター』チームの波瑠は「大体(風船を)残せると思います!」と強気の姿勢で挑む。田中は、日常で使うあるモノの好みに関する問題に挑戦し、かなりの自信を見せるがその結果やいかに。対する、売れっ子芸人チームは、月9チームとの点差に弱気な姿勢を見せるも、過去に一度ピタリ(誤差なし)を出したことがあるキャプテンの陣内に期待がかかる。



 5thステージは、10個以上正解がある常識問題を制限時間内に答えるゲーム「ハイパーボンバー」。『ナイト・ドクター』チームの田中は、「ここまでチームワーク良くやってきたので大丈夫」と余裕の表情を浮かべるも、漢字を書く問題で、北村がフリーズしてしまう。対する、売れっ子芸人チームの陣内は「パーフェクトを取る!」と最終ステージでの高得点獲得で優勝を目指す。
カテゴリ