あたたかな火を眺めて、優しく燃える音を聞く。ウッド芯を使用した「Danlow」の新作キャンドルに癒されそう


ホーム雑貨ブランド「Danlow(ダンロウ)」から、待望の新商品「ダンロウ フレグランスウッドキャンドル」がお目見え。



6月22日(水)12:00より、公式ウェブサイトにて販売がスタートします。



暖炉の音を奏でる「ダンロウ フレグランスウッドキャンドル」





『香りや音、流れる時間を感じることで生まれる″温かい時間″を。』をコンセプトに掲げる「Danlow」は、2021年5月にデビューしたブランド。





今回ご紹介する「ダンロウ フレグランスウッドキャンドル」は、5月19日(水)に発売された「ダンロウパロサントスティック」に続き、ブランド第2弾となる商品です。





こちらのキャンドルの大きな特徴のひとつが、キャンドルの芯部分に“ウッド芯”が使用されていること。



そのため火をともすと、まるで暖炉のように優しく不定期な音が奏でられるそうですよ。



キャンドルのあたたかなあかりを見つめて、おだやかに燃える音を聞く静かな時間は、最高にリラックスできちゃうはず。



おうち時間に、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。



キャンドルは全3種類





そんな「ダンロウ フレグランスウッドキャンドル」は、香りの異なる3種類(各 税込9878円)が販売されます。





こちらは、ローズ、ムスク、フリージア、シトラスが、ゆっくりと重なり合う「ルヴィハス」。





「ザ ダン」は、フィグリーフ、アンバー、ウッドなどを複雑に絡ませながら、高潔さを漂わせた、心を静かに落ち着かせてくれる魅惑的な香りです。





クローブにシナモン、さらにローズやアンバーを組み合わせたという、「​シュバーポット」も気になります。



スタイリッシュな見た目にも惚れ惚れしてしまうキャンドルは、香りによって異なる箱のデザインもおしゃれ。ギフトにも喜ばれそうですね。



発売日まではあと数日ありますが、気になる人はぜひチェックしてみてはいかがでしょう。



Danlow 公式ウェブサイト

https://www.danlow.jp



カテゴリ