「なんとなく察してほしい…」男性がデート中にひっそり出す脈なし行動

「なんとなく察してほしい…」男性がデート中にひっそり出す脈なし行動

デートを重ねたり、二人きりと会話したり、女性側は「イイ感じかも」と思っても、男性側は「なんか違うな……」と感じているかもしれません。


そんな悲しいことがあるの……?と驚かれるかもしれませんが、その空気感をデート中に男性側が行動に表しています。


その脈なし行動がわかれば、恋の引き際がわかるかもしれません。告白をフライングすることもないはずです。


そこで今回は、男性がデート中にひっそり出す脈なし行動をご紹介します。



会話よりスマホをいじっている時間が長い


デート中の彼は、あなたとスマホどちらの方を多く見ていますか?


お店で注文した料理を待っている間など、こちらに話しかけないでスマホを無言でいじっている……というようであれば、それが彼なりの脈なしサインかも。


もしあなたに対して好意があれば、少しでも話しを振って会話が弾むように努めてくれるはずです。


スマホはいじっていないけど、返事が適当だったり、曖昧な頷きしかしないという感じも同じ。


あえてこういった失礼な行為をして諦めてもらおうと考えている可能性もあります。


別れ際がかなりあっさりしている


デート終盤、お別れのときにもし脈があれば「もう少し一緒にいたいな」と名残惜しさを感じさせるような発言をするでしょう。


しかし、何もなくあっさりと「じゃあまたね!」と解散してしまうなら、それは脈なしかもしれません。


次の日の仕事が早かったり、予定がある場合は仕方ないかもしれませんが、見送りもなしで彼の方からササッと立ち去ってしまうような状況であれば、まだ関係が浅い可能性があります。


もし告白をしたり、想いを伝えるのであれば、彼の方から「また会おうね」とか「来週またデートできるかな?」とか、次を期待させるような発言をするようになるまで待った方が良さそうです。


なんとなく一定の距離感がある


もし彼があなたに好意があるのであれば、少しでも近くにいたいと思い、肩が触れ合うような距離で歩いたり、向かい合った席でも前のめりな姿勢だったりするでしょう。


しかし、なんとなく距離感があるな……と思うのであれば、それは脈なしかもしれません。


一定の物理的な距離感は、心の距離を表している可能性が高いです。


逆に彼がこちらにグッと近づいてくる様子があれば、脈ありかも。


ふたりの距離で、脈ありか脈なしか判断してみてください。


距離が縮まったと感じたら、それが恋の進展を示しているはずです。


目が合う回数が少ない


会話中、スマホをいじっているのも判断材料になりますが、目が合うかどうかも脈があるか判断できる要因の一つです。


シャイな男性は、もともと目を見て話すのが苦手に感じているかもしれませんが、そういう場合は表情や声色から、緊張や一生懸命さが伝わってくるはず。


そうではなく、チラ見するくらいであれば、まだまだ脈なしかも。


恋愛において、「見る」という行為は好意を表す重要な役割を果たしています。好きなら目で追ったり、見つめてしまったりするもの。


そうでない場合は、まだ異性として見られていない可能性が高いので、もっと距離を縮めることが大切だと思います。


デート中の行動に注目して


今回紹介したように、なんとなくでも脈なしと思わせるような行動がデート中に隠れているかもしれません。


脈なし行動がないことが望ましいですが、これらが見られた場合には、まだ関係を築けていないのだと気を引き締めることができるはずです。


デート中の彼の行動や言動に注目して、少しずつ進展していけるように頑張っていきましょう!


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)


●脈なしなの?何回もデートしているのに手を繋いでこない男性の心理



カテゴリ