「どうせ私なんか…」と考えがちな、モテない女性の特徴3つ

「どうせ私なんか…」と考えがちな、モテない女性の特徴3つ

あなたは口癖のように「どうせ私なんか……」と言っていませんか。


たとえ謙遜で言っているとしても、あまり頻繁に言うのはよくないかも。


あなたの発言を聞いた周りの人もなんて声をかけたらいいか迷い、最終的には誰からも相手にされなくなる可能性もゼロではありません。


今回は「『どうせ私なんか……』と考えがちな、モテない女性の特徴」を紹介します。


自分の態度や考え方を、いま一度振り返ってみてくださいね。



「譲れば済む」と思っている


「パスタがいいな」「パスタでいいです」、これは小さな違いですが受ける印象は大違いです。


このように「やたら人に譲る」のは、モテない女性の特徴だと言えます。


ただそれは、意見のぶつかり合いが怖くて相手に合わせているだけで、相手を気遣って譲っている訳ではありません。


なので、「〇〇『で』いいです」的な「しぶしぶ合わせているだけ」ニュアンスの言い方をしてしまいがち。


こんな小さな言い回しにも、敏感な人は反応します。


とはいえ「『で』いい、ってどういうこと?」と聞いて波風を立てないのが、大人の付き合いかもしれません。


人付き合いのなかで自分の希望が通るのはうれしいですが、相手の喜ぶ顔も見たいもの。


なんでも譲ってばかりいると「一緒にいてもつまらない。会う意味ないよね?」と思われてしまいます。


一応、謝るだけ謝る


自分に自信のない人は、些細なことや時に少し意見が違っただけでもすぐに「ごめんなさい!」が出てきます。


自分が悪くても謝らない人は論外ですが、謝ればいいという訳でもありません。


すぐに「どうせ私なんか」と考えがちな人が一応謝ることは周囲も気づいています。


そのとき「ごめんとかじゃなくて意見のすり合わせがしたいんだけど?」「謝っているけど、私の言った意味は「ちゃんと通じているのかな?」と感じているでしょう。


必要以上に低姿勢なのは周囲を居心地悪くさせますし、「あの人、ごめんモードに入っちゃうと話ができなくなるよね」と、話の通じない女認定される原因にもなります。


また、謝ってその場をやりすごすだけで話を聞いていないので、同じようなやり取りを何度も繰り返し「低姿勢なだけで反省はしない女」と思われることもありそうです。


「どうせモテない」と思い込んでいる


「どうせモテない」と思い込んでいる


「私?全然モテないよ。だってこんなだし」と言う人がいます。


なにが「こんな」なのかは分かりませんが、たぶん「地味だから」「特別美人じゃないから」「話が面白くないから」あたりを指すのでしょう。


一見モテそうなのにモテない人というのも男女問わずいますが、モテをすごく特別なことだと捉えているのかも。


魅力もモテも、ルックスや話術に左右される面はあります。


しかしちょっとした気遣いや人を楽しませる努力、思いやりなどを積み重ねでできているモテもあり、そちらの方が強力だと言えるでしょう。


「あんな風に気を遣えない」「私が愛想よくしたって……」と努力を放棄したり、自分の知っていることや元から興味のあること以外は知ろうしたりしない態度こそが非モテの原因かもしれません。


言わないように意識して


「どうせ私なんか」と考えている人の共通点は、「自分のことばかり考えている」点にあります。


他人が自分をどう見ているのか気になって仕方ないのかもしれません。


「どうせ私なんか」と言っていれば傷つくことは少ないけれど、その分誰からも選ばれない存在になってしまう場合も。


意識して言わないようにするだけで、なにかが変わるかもしれませんよ。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


●やさしすぎる女性は恋愛で損をする?原因と対策



カテゴリ