ふとしたきっかけで…男性が「タイプじゃない女性」に惹かれる瞬間4つ

ふとしたきっかけで…男性が「タイプじゃない女性」に惹かれる瞬間4つ

男性は、とくに好みのタイプではない女性が相手でも、なんとなく惹かれてしまうことがあります。


「今は好かれていない」状態でも、将来的には好かれる可能性があるのです。


どのようなときに、男性はタイプではない女性に惹かれるのでしょうか。


今回は、男性が「タイプじゃない女性」に惹かれる瞬間を紹介します。




意外な一面を目にしたとき


さほど興味を持っていなかった女性であっても、意外な一面を目にすると、男性は相手のことを意識し始めます。


とくに、「女」を感じるような一面には心を揺さぶられやすくなり、異性として意識するケースが多いようです。


いつもカジュアルな洋服が多いのなら、ときには女性らしい格好をしてみたり、ちょっと露出のある格好をしてみたりしましょう。


「思っていた人と違う」というギャップが与えられれば、男性からの目も変わるものですよ。


慕われていると思ったとき


自分に懐いてくれたり、慕ってくれているように感じる女性のことは、男性もかわいらしいと思うもの。


他の女性よりも特別な存在になりやすいので、異性としても意識されるようになります。


慕っている雰囲気を出したいときは、積極的に話しかけたり、相談を持ちかけてみたりする方法がおすすめです。


自分が必要とされていると感じると、男性は自分の存在価値を実感できるので、素直に喜んでくれるでしょう。



自分の考えを持っていると感じたとき


自分の考えを持っていると感じたとき


ちゃんと「自分」を持っている女性は、男性からも魅力的に見えるもの。


自分の意見や考えがしっかりとあって自立できている女性は、好感を持たれやすくなります。


一方で、頼りすぎてくる女性は、男性からするとすぐに飽きてしまうはず。


「好きだから」といって全てを男性に合わせると、いいように扱われる可能性があるので、「自分」を持つようにしてくださいね。


会話が続きやすいと感じたとき


会話が続きやすい女性であれば、男性は自然と楽しい気持ちになるので、次第に恋愛感情が芽生えることもあります。


好きなものや共通点が多いことも大事です。


ただ、なんでも言い合える関係があれば、お互いの会話がより続くようになるでしょう。


待つだけではなく、あなたからも積極的に話しかけるようにすると、男性はすんなりと心を開いてくれますよ。


アプローチし続けること


男性は、なんとも思っていなかった女性のことを好きになるケースが多くあります。


あきらめずにアプローチを続けていけば、友達関係から恋人関係に変わるかもしれませんよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)


●彼女になってほしい…!女友達に対して、男性が「付き合いたい」と感じる瞬間



カテゴリ